【彼女・妻へ編】昨年データで予算の復習&トレンド予想。喜ばれるプレゼント選びのポイント

2019年10月18日 10:30更新

東京ウォーカー(全国版) 池田尚浩

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

冬の一大イベントと言えば、もちろんクリスマス。大切な人へ日頃の思いを伝え、ロマンティックなひと時を過ごせる年に一度の特別な日。しかし中には、「今年は何をして過ごそう」「彼女や妻へのプレゼントはどうしよう」と、今から頭を悩ませている人も多いはずだ。そんな男性諸君へ向けて、この記事では昨年度のリサーチデータを元に、プレゼントの一般相場や人気アイテムを総まとめして紹介。早速チェックして、プレゼント選びに役立てよう。(出典:楽天リサーチ「クリスマスに関する調査」、ネストエッグ「クリスマスプレゼントに関する調査」※それぞれ2018年度のデータを引用)

 

 

すべての画像を見る(1件)

昨年の平均予算は「8477円」。ライフスタイルに合わせて設定を

プレゼントを購入する時期は、12月初旬がピークと言われている。クリスマスに年末年始に出費が続く年の瀬だが、あらかじめ予算を決めて、慌ただしくなる前に準備をしておけば大丈夫。まずは、クリスマスプレゼントを贈る場合の一般的な相場を見てみよう。

20~60歳代の男女1000名に実施した2018年度のリサーチデータによると、プレゼントにかける全体の平均予算は8477円という結果に。男女年代別の平均予算は、男性50代が最も高い1万2274円。次点で男性20代、30代の平均予算が1万円を超え、クリスマスプレゼントに費やす男性全体の平均予算は1万123円となった。一方、女性では20代の平均予算7899円が最も高く、以上のことから女性向けのプレゼントのほうが予算がやや高めということがうかがえる。

夫から妻へ贈る場合、もしくは彼氏から彼女へ贈る場合。さらには社会人や学生といった相手の立場や、交際年数などによっても相場は変動するが、あまり高価なものをあげて気を遣わせてしまうのもNG。男性の場合は、一般相場である1万円前後を軸に、2人の経済状況やライフスタイルを加味して、おおよその予算を設定するのがいいだろう。

実際に贈って喜ばれた、人気のプレゼントとは?

クリスマスプレゼントの定番と言えば、やはりジュエリーやアクセサリーは外せない。例年、女性がもらってうれしいプレゼントとして人気が高く、華やかなクリスマスのムードにもマッチする。乙女心をくすぐるラグジュアリーなデザインもオススメだが、オンオフ問わずに身に着けられるシンプルなものも、日常使いしやすいと気に入ってもらえるはずだ。

季節感とトレンドを重視するなら、マフラーやストール、手袋などのファッション小物が正解。財布、バッグなどの革製品やジュエリー類と比べると手頃な価格で購入でき、相手も気負わずに受け取ることができる。「自分では買うのをためらうけど、もらえたらうれしい」という憧れのブランドや、今季のトレンドでもあるくすんだ色味が特徴の「ベイクドカラー」を取り入れたアイテムをチョイスすれば、オシャレに敏感な女性からも喜んでもらえるだろう。

付き合いの長いカップルや夫婦の中には、ルームウェアやパジャマ、調理家電をプレゼントしたという人も。良質な休息をもたらしてくれる快眠グッズや、家事の負担を軽減する便利アイテムがあれば、日々の暮らしが一層豊かになるはず。一緒に過ごすことが当たり前になってしまいがちな関係だからこそ、日頃の感謝を伝えられる特別なアイテムを選んでみよう。

近年のトレンドは「体験ギフト」。現代女性のマインドにフィットか

ジュエリーやアクセサリー、ファッション小物は、特別な日の定番プレゼントとして今年も高い支持を集めることが予想される。加えて、近年は“モノ”ではなく、旅行やリラクゼーション、食事などの“体験”を贈る「体験ギフト」も主流に。体験ギフト事業を手掛けるソウ・エクスペリエンス株式会社が2017年に発表したリリース資料によると、ギフト市場において“脱モノ化”が進行し、体験型の市場が急速に拡大。2019年7月には、同社の体験ギフト利用者が50万人を突破したという。

「時代はモノ消費からコト消費へ」と言われて久しいが、消費者は商品をただ所有するのではなく、購入したことで得られる体験に価値を見出す「コト消費」や、その時間や場所でしか味わえない盛り上がりを共有して楽しむ「トキ消費」を重視する傾向にある。そんな昨今の消費者ニーズにマッチし、その上、体験した出来事を深く記憶する「エピソード記憶」は男性より女性のほうが優れているということからも、体験ギフトは特に記憶に残りやすく、現代の女性たちにピッタリなプレゼントとも言えるだろう。

この記事で参考にしたデータは昨年のもの。今後配信の記事では、最新のリサーチ結果から見る2019年のクリスマスプレゼントのトレンドや平均予算を紹介予定だ。クリスマス本番まで、残すところ約2カ月。これらの記事を参考にしながら、賢いプレゼント選びを実践しよう。

この記事の画像一覧(全1枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

特集

ページ上部へ戻る