本当に旨いラーメン店ランキング!岐阜総合部門トップ3に輝いた実力店を紹介!!

2019年10月27日 8:00更新

東海ウォーカー 東海ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

東海ラーメン本の超保存版「ラーメンWalker東海2020」が2019年10月に発売された。同誌は、ラーメンWalkerの読者や各業界でラーメンに精通した知識人が本当に旨いラーメン店を選び出す「ラーメンWalkerグランプリ2019」を開催し、東海エリアの結果を発表している。今回はそのなかから、岐阜総合部門のトップ3に輝いた名店を紹介!

3位「麺切(めんぎ)り 白流(はくりゅう)」(岐阜県瑞穂市)

「焼干し中華そば 特製醤油そば」(税込 1000円)は、焼干しの力強いダシの風味と豚ガラのコクが感じられる一杯 / 麺切り 白流

「焼干し中華そば 特製醤油そば」(税込 1000円)は、焼干しの力強いダシの風味と豚ガラのコクが感じられる一杯 / 麺切り 白流

すべての画像を見る(8件)

「麺切り 白流」(岐阜県瑞穂市)は、2018年5月に岐阜・関の名店「白神」より独立し、早くも人気を博しているラーメン店。看板メニューの「焼干し中華そば」は、仕入れにより焼干しにする魚が替わるため、スープの味も変化し毎日食べても飽きないと評判だ。また、岐阜のブランド豚、岐阜県産厳選豚から取る清湯(チンタン)スープや、自家製平打ち太縮れ麺からもこだわりがうかがえる。

おすすめは「焼干し中華そば 特製醤油そば」(税込 1000円)。焼干しの力強いダシの風味と豚ガラのコクが感じられる一杯だ。チャーシュー、味付き玉子も炙ることにより香ばしさを加えている。

■麺切り 白流 / 住所:岐阜県瑞穂市森860-1 / 電話:058-322-3231 / 時間:10:00~15:00(LO 14:30) ※スープがなくなり次第終了 / 休み:月曜、第3火曜

2位「ニボチャチャ!!ラーメン あらき軒(けん)」(岐阜県岐南町)

煮干しの風味とたまり醤油のタレを合わせたスープに甘味のある背脂がマッチ!「ニボチャチャ!! ラーメン全部のせ」(税込 1080円) / ニボチャチャ!!ラーメン あらき軒

煮干しの風味とたまり醤油のタレを合わせたスープに甘味のある背脂がマッチ!「ニボチャチャ!! ラーメン全部のせ」(税込 1080円) / ニボチャチャ!!ラーメン あらき軒

「ニボチャチャ!!ラーメン あらき軒」(岐阜県岐南町)は、「白神」で修業した店主が、新潟県のご当地ラーメン、燕三条系をアレンジし、提供している。煮干しの効いた魚介スープと醤油ダレを合わせ、背脂で仕上げるという燕三条系を基本に、地元産たまり醤油を使うなど、独自テイストもプラス。北海道産小麦で作る自家製麺のモチッとした太麺と相性抜群だ。

おすすめは「ニボチャチャ!! ラーメン全部のせ」(税込 1080円)。煮干しの風味とたまり醤油のタレを合わせたスープに甘味のある背脂がマッチし、旨味とコクがさらに増している。コシのある自家製麺は通常のほか、「乱切極太麺」(数量限定)にも変更可能だ。

■ニボチャチャ!!ラーメン あらき軒 / 住所:岐阜県羽島郡岐南町三宅3-123 / 時間:11:00~14:00、18:00~21:00 / 休み:火曜

1位「ラーメン イロドリ」(岐阜県岐阜市)

2019年の岐阜総合部門1位は「ラーメン イロドリ」!「特製イロドリ らぁめん」(税込 930円)は、店主のおいしさへのこだわりが詰まった自慢の一杯

2019年の岐阜総合部門1位は「ラーメン イロドリ」!「特製イロドリ らぁめん」(税込 930円)は、店主のおいしさへのこだわりが詰まった自慢の一杯

2018年に続き鶏白湯ラーメンが看板メニューの実力店がランクイン。「ラーメン イロドリ」(岐阜県岐阜市)は、「白神」で修業した店主が作る一杯を目当てに、連日客でにぎわい続けている。奥美濃古地鶏や鶏節、煮干しなどを用いた濃厚でコクのある鶏白湯スープに、温度と湿度を管理して作る小麦の風味豊かな自家製麺がマッチ。定番メニューはもちろん、定期的に登場する限定メニューの数々も評価が高い。

おすすめは「特製イロドリ らぁめん」(税込 930円)。部位ごとに炊き込む時間を変え、素材の旨味と店主のおいしさへのこだわりが詰まった自慢の一杯。丁寧に仕込まれた鶏チャーシューなど、トッピングも彩り豊かだ。

■ラーメン イロドリ / 住所:岐阜県岐阜市北一色5-13-25 ガーデンハイツ / 電話:058-201-5000 / 時間:11:00~14:00、18:00~21:00 / 休み:月曜

この記事の画像一覧(全8枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る