アフタヌーンティーが苺づくしの限定スイーツ続々発売

2016年12月14日 18:45更新

東京ウォーカー(全国版) 本村友里

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

サザビーリーグが運営する「アフタヌーンティー・ティールーム」は、“Like Strawberry!”をテーマに、イチゴを使った様々なメニューを全国の店舗で発売する。

新メニューの「ふわっとスコーンショートケーキ 苺」(940円)

新メニューの「ふわっとスコーンショートケーキ 苺」(940円)

すべての画像を見る(2件)

一番の目玉は、定番人気のイチゴのショートケーキを「アフタヌーンティー」らしくアレンジした「ふわっとスコーンショートケーキ 苺」(940円、紅茶付き1440円)。くるみがアクセントになったスコーン生地に甘酸っぱい苺やホイップクリームが重なり合って、シンプルな美味しさが際立つ一品となっている。このほか、苺ソースとミルクカスタード、サクサクの自家製アーモンドチーズサブレに、ラズベリーとクリームチーズ2種のジェラートを重ねた「苺のクッキークランブルパフェ」(980円)や、ほんのりとローズの香りが広がるストロベリーソース、ソーダ、ホイップクリームを層にして、苺を合わせた「苺とローズのレイヤーソーダ」(890円)など、2017年2月8日(水)までの期間限定で豊富なラインナップが店頭に並ぶ。(「ふわっとスコーンショートケーキ 苺」「苺のクッキークランブルパフェ」は12月26日(月)、「苺とローズのレイヤーソーダ」は1月10日(火)販売開始)

また、定番のアフタヌーンティーセットとは別に、「ふわっとスコーンショートケーキ 苺」と「苺のサンドイッチ」を含む4品のスイーツとお茶が選べる期間限定のスペシャルセット「苺のアフタヌーンティーセット」(1830円)も、2017年1月10日(火)から2月8日(水)までの期間限定で登場する。

【写真を見る】新作のイチゴスイーツが食べ放題となるビュッフェも見逃せない

【写真を見る】新作のイチゴスイーツが食べ放題となるビュッフェも見逃せない

さらに、東京スカイツリータウン・ソラマチ、聖蹟桜ヶ丘京王S・C、マークイズみなとみらい、丸広百貨店川越店などの一部の店舗では、2017年1月16日(月)から2月8日(水)のうち月・火・水曜限定で、予約制の「スイーツオーダービュッフェ」(2980円、120分制)が開催される。

イチゴ好きにはたまらない今回の新メニュー。味に見た目にこだわりぬいたスイーツの数々をぜひ味わってほしい。【ウォーカープラス編集部/本村友里】

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る