キャンプ場徹底解剖!「八風キャンプ場」(三重県菰野町)|伊勢湾を望む鈴鹿山脈の麓、美しい川に囲まれたキャンプ場

2022年9月3日 08:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

キャンプ場を選ぶ際、ロケーションは重要なポイントの1つ。三重県菰野町にある「八風キャンプ場」は2つの川に囲まれており、川遊びを満喫したいキャンパーなどに人気のキャンプ場だ。現地を取材し、利用者のリアルな目線で徹底紹介する。

敷地の北側を流れる田光川。安心して遊べる瀬などが整備されているphoto by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

【ロケーション】2本の川に囲まれた、自然豊かな敷地

三重県と滋賀県の県境を走る鈴鹿山脈の八風峠から、少し東へ下った場所に作られた「八風キャンプ場」は、東海環状自動車道・東員ICから車で約20分の距離に位置している。名古屋市内からなら、所要時間は約60分。インターを降りたら南北に走る国道306号線へ向かい、「八風キャンプ場」の看板を見つけたら西方面へ。約7分進むとキャンプ場の入口が見えてくる。

案内看板に従って敷地内へ。車のまま管理棟へ向かうphoto by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

場内を走る車の走行速度は時速5キロと決められており、傾斜を下る一方通行。夜間は入場門が施錠されるため、車の出入りができなくなる(施錠時間は時期などにより異なる)。北側に田光川、南側に栃谷川が流れており、どちらの川も遊べるように整備されている。区画によっては木が多い場所もあるが、場内全体としては山から海へ向かう東方面に見通しがよく、遠くに四日市の街並みが広がっている。周囲に民家の明かりはほぼなく、夜は満天の星、夜明けには水平線から昇る朝日も見ものだ。

南北を川に囲まれた、山間のキャンプ場photo by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

【キャンプサイト】自然の地形に合わせた区画分け

宿泊スペースは、車を横付けできるオート区画が45サイト、バンガローが9棟、コテージが1棟、セントラルロッジが1棟ある。加えて、日帰りでも利用できるバーベキュー場が18区画と、プライベートバーベキュー場の東屋が3棟。さらに、デイキャンプエリアが6カ所あり、そのうち4カ所は16時からライダーサイトとしてテント泊ができる。ほとんどの区画や棟は指定不可だが、オート区画では唯一、広々とした見晴らし台付きの26番サイトだけが予約時に指定可能。繁忙期はすぐに埋まってしまう人気サイトなので、早めにチェックしよう。

オート区画

オート区画は、石で区画分けされているphoto by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

自然の地形に合わせて区切られているため、オート区画は形も広さもさまざま。地面は砂が多い土で若干ペグが抜けやすいので、長めの鍛造ペグやV字ペグなどを使用すると安心だ。峠からの強風が吹き抜けることもあるので、風が気になる人は見晴らし台のすぐ下にある16~22番サイトがおすすめ。24番サイトなど、水深2~3メートルの淵から近い川岸も人気がある。浅瀬で安全に遊びたい人は、栃谷川に面した44~49番サイトが便利。

写真右奥が見晴らし台下の16~22番サイトphoto by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

【写真】栃谷川に面した44~49番サイトは、段差を上手く活用し、川面ギリギリにサイトを整備photo by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

焚き火は焚き火台を使用すればOKで、花火も手持ちタイプなら問題ない。一部サイトではAC電源(500円、要予約)が使用でき、1区画10アンペアまで利用可能だ。

デイキャンプエリア

川を挟んで右手前がライダー区画のデイキャンプエリア4、左奥がデイキャンプエリア3photo by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA


デイキャンプエリアは2本の川岸に点々と整備されており、全部で6カ所ある。傾斜のある栃谷川上流に整備されたデイキャンプエリア1と、岩場が多いデイキャンプエリア2ではテントやタープを張ることができず、バーベキューもNG。ほかの4カ所は手持ちのギアを持ち込んで日帰りバーベキューも楽しめる。ただし場所は先着順なので、確実にバーベキューを楽しみたい人はバーベキュー場を予約しておいた方がいいだろう。

栃谷川に架かる橋の上からの眺め。写真左手前がデイキャンプエリア4、写真右がデイキャンプエリア6photo by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

また、栃谷川に架かる橋の両岸にあるデイキャンプエリア3~6は、バイクや自転車、徒歩での来場者に限り宿泊が可能。バイクや自転車はテント横に駐輪して利用する。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4

この記事の画像一覧(全30枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る