いよいよ公開スタート!かわいすぎるコツメカワウソの赤ちゃんきょうだいにメロメロ

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

水族館や動物園で出合えるカワウソ。特に人気のコツメカワウソは、約60センチから90センチほどの体長で、カワウソの中では最も体が小さい種類。大人でも小さくて愛らしいが、その赤ちゃんが誕生したとのニュースを聞き、「そんなのかわいくないはずがない!」ということで、さっそく会いに行ってみた。

暖かい環境を好むというコツメカワウソ。取材日は天気もよく、日向で昼寝をしている“大人たち”の姿も見られたphoto by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

2023年5月に誕生!名前は「れん」と「つくし」

今回お邪魔したのは、日本を代表する人気水族館「鳥羽水族館」(三重県鳥羽市)。約1200種類もの海や川の生き物が世界中から集められており、飼育種類数は日本一を誇る。日本で唯一飼育されているジュゴンをはじめ、ラッコやイロワケイルカなど、貴重な生き物に出合える日本最大級の水族館だ。そんな鳥羽水族館で、2023年5月23日と24日に、コツメカワウソの赤ちゃん2頭が誕生した。

2023年5月に誕生したコツメカワウソの赤ちゃん「れん」(左)と「つくし」(右)写真提供:鳥羽水族館 / (C)TOBA AQUARIUM

つぶらな瞳がなんともかわいらしいコツメカワウソの赤ちゃん。5月23日にオスが、24日にメスが誕生した。母親は「キワ」、父親は「アサヒ」。2頭の名前は飼育員たちで相談した結果、オスは父親のアサヒから「朝日を浴びて美しい花を咲かせる睡蓮の花」にちなんで「れん」に。メスは「すくすく育つように」という願いを込めて「つくし」と名付けられた。

生まれてからしばらくの間は白い体毛で覆われており、成長するにつれて茶色くなっていく写真提供:鳥羽水族館 / (C)TOBA AQUARIUM

「れん」は体重79グラム、「つくし」は体重93グラム、体長は2頭とも約13センチで生まれた。それぞれ健康な状態で誕生したものの、母親からの安定した授乳が確認できなかったことから、飼育員による人工哺育に切り替え。懸命な育児により、2頭の体重は7月中旬時点で400グラムにまで成長した。

ミルクを与えるのと併せて、健康チェックなども行うphoto by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

保育器の中でじゃれ合い、元気な様子を見せてくれた「れん」と「つくし」。ミルクの時間になると我先にと保育器から飛び出そうとして、互いを押し合う姿もまた愛らしい。「キュー!キュー!」と鳥のような鳴き声でアピールしながら哺乳瓶をくわえると、ゴクゴクと勢いよくミルクを飲むコツメカワウソの赤ちゃん。すくすくと大きくなったのも納得のスピードだ。最初は「早くちょうだい!」と言わんばかりに手足をバタつかせていたが、お腹が膨れてくるとすっかり落ち着いてミルクを飲み干していた。

驚きのスピードでゴクゴクとミルクを飲み干すphoto by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

「れん」と「つくし」、きょうだいそろって一般公開スタート!

順調に成長して、ミルクのほかにもアジやシシャモなど、魚の切り身も食べられるようになった2頭。2023年7月24日より、ついに一般公開をスタートした。展示場所はほかのコツメカワウソも見られる館内Lゾーン「水の回廊」の、セイウチ水槽横のスペース。しばらくの間は保育器の中で生活するが、徐々に水に慣らしたり、泳ぐ練習をしたりするそうだ。

コツメカワウソの赤ちゃんがいよいよお目見え!photo by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

コツメカワウソはその名前の通り、爪が小さいことが特徴の1つだが、赤ちゃんの間はまだ爪が大きい。体毛は大人に比べると柔らかく、徐々に外側の毛が硬くなっていくという。

獣医でもある飼育員さんに抱き上げられながら、手足やしっぽをジタバタ!photo by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

現在、鳥羽水族館では赤ちゃん2頭を含む8頭のコツメカワウソを飼育中。展示スペースには名前と一緒に、見分け方や性格の特徴なども掲示している。Lゾーン「水の回廊」で大人と赤ちゃんのコツメカワウソが見られるので、それぞれの違いにも注目してみてはいかがだろうか?

基本的には寝て過ごしているというコツメカワウソ。泳いでいる姿を見られたらラッキーかも!photo by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA



取材・文=民田瑞歩/撮影=古川寛二

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。
※新型コロナウイルス感染対策の実施については個人・事業者の判断が基本となります。

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全20枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

イルミネーション特集

イルミネーション特集 2023

全国約700カ所のイルミネーションを、地図や電球数など充実のデータと、人気順から探せる便利な機能で完全ガイド!

CHECK!最新の人気ランキングはこちら

六本木周辺イルミ  表参道・原宿イルミ

いちご狩り特集

いちご狩り特集

全国約500件のいちご狩りが楽しめるスポットを紹介。「予約なしOK」「今週末行ける」など検索機能も充実

お花見ガイド2024

お花見ガイド2024

全国1300カ所のお花見スポットの人気ランキングから桜祭りや夜桜ライトアップイベントまで、お花見に役立つ情報が満載!

CHECK!河津桜の情報はこちら

ページ上部へ戻る