約30年で122頭からたった3頭に減少…日本の水族館でラッコが見られなくなるかもしれない話

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

愛らしい芸を披露する姿がSNSなどで大バズリしている、ラッコのメイとキラ。「鳥羽水族館」(三重県鳥羽市)で飼育されているそんな2頭のおかげか、日本では久々にラッコブームが起こりつつあるという。しかし、国内で飼育されているラッコは、わずか3頭しかいないことを知っているだろうか?

ラッコのメイとキラの飼育を担当する石原良浩さんphoto by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

今回は日本国内でのラッコ飼育の現状について、約40年にわたり「鳥羽水族館」のラッコ飼育に携わる“ラッコおじさん”こと、石原良浩さんにお話をうかがった。過去にラッコブームが巻き起こり、日本各地の水族館で見られたラッコが、どうして3頭にまで減ってしまったのだろうか。

近い将来、国内の水族館ではラッコが見られなくなる可能性も

観客に興味津々なキラphoto by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

30年ほど前には日本国内で28カ所、122頭ものラッコが飼育されていたというが、現在国内で飼育されているラッコは全部で3頭。うち2頭を鳥羽水族館で飼育している。

「ラッコの飼育頭数が減少している理由はいろいろとありますが、過去に122頭いたラッコの半数以上が国内で生まれた個体で、世代を重ねるうちに繁殖能力という点で障害が出てきたことが1つの原因です」(石原さん)

三角コーンを持ってグルグル回るメイとキラphoto by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

国内で飼育されているラッコ3頭のうち、メスの1頭はすでに繁殖が難しいとされる16歳以上となり、残りのオスとメスは同じ両親から生まれたきょうだいなので繁殖させることはできない。現状のままでは、日本国内でラッコを繁殖させることは至難の業だ。

プカプカとのんびり浮かぶキラphoto by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

それならば新しいラッコを輸入すればいいのかというと、そう簡単な話ではないのだという。日本では主にアメリカから野生のラッコを輸入していたが、アメリカの国内法でラッコを含む海洋哺乳類の捕獲が禁止されたため、輸入することができなくなったのだ。

次々とオモチャを受け取るメイphoto by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

現在では国内に3頭というラッコだが、なにも急に数が減ったわけではない。

「かつて、今以上のラッコブームがあり、多くの方がラッコに注目してくれていました。しかしブームが終わると、ラッコに対して皆さんの興味や関心が向かなくなりました。その間もラッコを取り巻く環境は変化し、国内での飼育頭数が少しずつ減っていったんです。3頭になった今、再び注目を浴び、皆さんがその少なさに驚かれているというのが現状です。数が減ってしまったことは残念ですが、皆さんに再び興味を持ってもらえたことはうれしいですね」(石原さん)

「コンコン」と音をたててガラスを叩くキラphoto by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

また、日本国内では一時絶滅したとされていた野生のラッコが、北海道東部沿岸に近年戻ってきており、繁殖していることも確認された。石原さんは、メイやキラなどに興味を持ってもらうことで、野生のラッコも気にかけてほしい、ラッコのためにも海を綺麗に保とうと思ってもらえたらうれしい、と話す。

「今も昔も変わらないんですよ、ラッコのかわいさはね。ずっとかわいいんです。今また、こうやって皆さんにかわいいと思ってもらえることが本当にうれしいです」(石原さん)

鳥羽水族館のラッコが芸達者である意外な理由

日本国内で飼育されているラッコ3頭のうち、2頭を飼育している「鳥羽水族館」。その愛らしい仕草がSNSで拡散され、今や“鳥羽水族館のアイドル”となったメイとキラは、芸達者なラッコとして話題だ。

2頭仲良くプールを泳いでいるphoto by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

1日3回の食事の時間には、2頭と飼育員によるパフォーマンスを見ることができる。食事の前になると、水槽前には多くの人だかりが。特に土曜・日曜・祝日には、1時間前から場所取りをする人もいるほどの人気ぶりだ。

記事の続きは広告下部から!

  1. 1
  2. 2

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全26枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

イルミネーション特集

イルミネーション特集 2023

全国約700カ所のイルミネーションを、地図や電球数など充実のデータと、人気順から探せる便利な機能で完全ガイド!

CHECK!最新の人気ランキングはこちら

六本木周辺イルミ  表参道・原宿イルミ

いちご狩り特集

いちご狩り特集

全国約500件のいちご狩りが楽しめるスポットを紹介。「予約なしOK」「今週末行ける」など検索機能も充実

お花見ガイド2024

お花見ガイド2024

全国1300カ所のお花見スポットの人気ランキングから桜祭りや夜桜ライトアップイベントまで、お花見に役立つ情報が満載!

CHECK!河津桜の情報はこちら

ページ上部へ戻る