学ランを脱いだ勇翔が目指すのは…?幼少期からBOYS AND MEN卒業まで、素顔に迫るロングインタビュー

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

東海エリアを中心に活躍するエンターテインメント集団・BOYS AND MEN(通称・ボイメン)を2024年3月31日に卒業し、俳優として新たな一歩を歩み出した勇翔(ゆうひ)さん。そんな彼に、自身の幼少期やこれまでの活動を振り返りつつ、今後の展望を率直に語ってもらった。

2024年3月にBOYS AND MENを卒業、事務所も退所し俳優として新たなスタートを切った勇翔(ゆうひ)さん撮影=ケイズテクノ


祖母と過ごした幼少期。村の外の世界を見たかった

――まずは自己紹介をお願いします。

自身の活動のなかでもよく通っていた栄の街ナカで撮影が行われた撮影=ケイズテクノ


【勇翔】出身は、長野県上高井郡高山村です。「勇翔(ゆうひ)」は本名で、名前の由来は親に聞いたことがないのでわかりません(笑)。漢字が“勇”ましく、”翔”けるなので、漢字そのままの意味なのかなと。4歳下の弟もちょっと珍しい名前なので、おそらく少し変わった名前を付けたかったのかなと思います。

――ご家族について教えてください。

【勇翔】家族構成としては、僕と弟、母、そして祖母ですね。小学校2年生のころに両親が離婚して、当時住んでいた長野県茅野市から祖母のいる高山村へ引っ越しました。母が仕事の都合で家を空けることが多かったので、祖母が僕と弟の面倒を見てくれていました。

――幼少期は、どんな子どもでしたか?

撮影=ケイズテクノ


【勇翔】昔から好きなことをとことんやるタイプで、それは今とあまり変わっていないかもしれません。子どものころはプラモデル作りに夢中でした。年長のころから小学校6年生まで、週に3、4日水泳教室に通っていたので、水泳は得意です。当時は大会にも出場していました。あと、宿題を全然提出しなくて、先生にめちゃくちゃ怒られていましたね。でも、いくら怒られてもやらない(笑)。そんな子どもでした。

「宿題を出した覚えがないんですよね(笑)」と幼少期を思い出す勇翔さん撮影=ケイズテクノ


【勇翔】中学生になってからは、週末になると一人で自転車に乗り、片道約20キロの距離を走って高山村から長野市まで出かけて映画館に通っていました。そのころは「村の外に出てもっといろいろなものが見たい」という好奇心が強くて……。自転車で遠くまで出かけていましたね。

――芸能界を志したきっかけを教えてください。

【勇翔】子どものころから、特撮ヒーローが大好きなんです。平成の仮面ライダーシリーズも好きですが、戦隊ものや、メタルヒーローシリーズ、「ゴジラ」シリーズなど、テレビ放送はもちろん、レンタルショップでVHSやDVDを借りてよく見ていましたね。「お芝居」を見ること自体が好きで、特撮のほかにも映画やテレビドラマ……いろいろなジャンルの作品を見ました。当時の同級生と比べても、見ていた本数は明らかに多かったんじゃないかな。

【勇翔】とはいえ、はじめから芸能界に興味があったわけではなかったんです。なにかモノを作ったりイジったりするのが好きだったので、工業系に進もうと思っていて。工業を学べるコースのある高校へ進学しました。

【勇翔】でも、入学して間もないころ、工業コースで学ぶ大きな機械を初めて触った瞬間「あ、自分がやりたいのはこれじゃない」と気がついて……。せっかく工業が学べる高校に進学したのに、やりたいという気持ちがゼロになってしまったんです。

【勇翔】そこで「じゃあ自分は将来何がしたいんだろう?」と改めて考えたときに、もうひとつの昔から好きだったもの……「お芝居」の世界にチャレンジしてみようと思いました。

上京の予定が名古屋に!?BOYS AND MENとして活動がスタート

――そこから、どういった経緯で以前の所属事務所(タニプロモーション※後に同グループのフォーチュンエンターテイメントにも所属)に入所されたんでしょうか?

【勇翔】高校2年生のころから、オーディションを受けるようになりました。とりあえず本屋さんに行ってオーディション関係の雑誌を買って読んで、応募して……という感じで。その中で複数の事務所さんに自分のプロフィールを送れるオーディションサイトを見つけて、登録したところ何社かお返事をいただけて。その中のひとつがタニプロモーションでした。

【勇翔】いろいろな事務所の面接を受けさせてもらったんですが、タニプロモーションの(谷口誠治)社長が「うちに所属してくれた人は、絶対に売れるまでサポートするから」と言ってくれて。社長のその言葉と、スタッフの方の雰囲気もすごくいいなと思ったので、入所を決めました。

【勇翔】高校を卒業したら上京する予定だったのですが、高校3年生になって卒業時期が近づいてきたときに、事務所から「名古屋で芝居をするグループを作るから、卒業後は名古屋に来てほしい」と言われました。それがBOYS AND MENです。

――俳優を志して事務所に所属して、BOYS AND MENとして活動することにとまどいはなかったですか?

撮影=ケイズテクノ


【勇翔】そうですね。BOYS AND MENは今でこそ歌って踊る、アイドルのようなグループになっていますが、当時は“お芝居をする男性の集まり”という形だったんです。「まずは舞台でスキルアップしよう」と事務所にも言われていたので、加入することに抵抗はなかったです。

――加入当初はどのような活動をされていましたか?

【勇翔】2010年、僕が高校3年生の冬休みで名古屋に訪れた際に、グループの旗揚げ公演であるミュージカル「ストレートドライブ!」のゲネプロを見させてもらいました。僕の高校卒業後もその公演は続いていて、最初の仕事は「ストレートドライブ!」への出演でした。

「名古屋に来てすぐのころは練習場所がなくて高架下で集まって練習していました」(勇翔)撮影=ケイズテクノ


【勇翔】2011年4月から1年間は、オードリーさんがMCをされていた中京テレビの「サタメン!!!」という番組に出演させていただきました。そこで「第34回 24時間テレビ 『愛は地球を救う』」と連動した「キッズキャラバン隊」として、1カ月半かけて愛知県・三重県・岐阜県の全市町村を回るという企画にも参加しました。

「栄のあらゆるところで活動していたので思い入れは強い街ですね」(勇翔)撮影=ケイズテクノ


――そのころ、ほかに印象に残っているお仕事はありますか?

【勇翔】名古屋ドームで開催された「東京ガールズコレクション」にモデルとして出演させてもらったことですね。当時、僕は「東京ガールズコレクション」がどんなイベントなのかすら知らなくて……。アルバイトのシフトと日程が被っていたので断ろうかと思い、事務所に相談したら「すごいイベントだから絶対に出なさい」と怒られて(笑)。当日、会場を見て「こんな大きなランウェイを歩くのか!?」と驚きました。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4

この記事の画像一覧(全33枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

花火特集

花火特集

全国約800件の花火大会を掲載。2024年の開催日、中止・延期情報や人気ランキングなどをお届け!

花火大会人気ランキング

ページ上部へ戻る