ドラマ「ラブリラン」出演! 大政絢さんにインタビュー

2018年4月18日 7:14更新

東京ウォーカー(全国版) 週刊東京ウォーカー+編集長 野木原晃一

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

「ラブリラン」に主人公・南さやかの恋のライバル役で出演

「いろんな恋が絡み合っている物語で、私が演じる杏子もそこに混じっていきます」

「いろんな恋が絡み合っている物語で、私が演じる杏子もそこに混じっていきます」

すべての画像を見る(3件)

 現在放送中のドラマ「ラブリラン」(読売テレビ・日本テレビ系)。彼氏いない歴30年の南さやか(中村アンさん)が3か月間記憶を失い、気付いたら彼氏がいて、しかも同棲していることがわかった。記憶喪失から始まる新感覚のラブコメに、大政絢さんは主人公の恋のライバル、小笠原杏子役で登場する。

「いろんな恋が絡み合っている物語で、私が演じる杏子もそこに混じっていきます。杏子の職業はモデルで、仕事に対してすごく熱心だけど、恋人の前ではまっすぐな女の子。仕事はできるけれど、恋には不器用な感じがかわいいなって台本を読んだ時に思いました」

【写真を見る】「今までで一番多く着たんじゃないかっていうくらい試着させてもらいました(笑)」

【写真を見る】「今までで一番多く着たんじゃないかっていうくらい試着させてもらいました(笑)」

 モデル役ということで、ファッションにも注目してほしいという。

「衣装合わせの時に、衣装担当の方と『モデルってこんな感じですよね』とか話をしながら、今までで一番多く着たんじゃないかっていうくらい試着させてもらいました(笑)。モデルの時はカラフルな衣装が、そして普段のシーンではシックな感じの服が多いです。メイクもオンとオフでは違っているので、杏子のそういうところにもぜひ注目していただきたいなと思います」

【写真を見る】大政絢さんが演じる小笠原杏子は3話から登場する。

【写真を見る】大政絢さんが演じる小笠原杏子は3話から登場する。

ドラマ「ラブリラン」毎週(木) 23:59〜24:54 読売テレビ・日本テレビ系

天沢アキの同名コミックを中村アン主演でドラマ化。主人公・南さやかが記憶喪失になるところから物語は始まる。デザイナーとして活躍する幼なじみの鷺沢亮介(大谷亮平)への片思いをこじらせ、恋愛をいうリングに上がることを拒否し続けてきたさやか。ある日、目を覚ますと目の前に見知らぬ男、町田翔平(古川雄輝)がいた。パニックになるが、どうやら3か月の間、記憶を無くしていることがわかった。大政絢は町田の元カノで、トップモデルの小笠原杏子役で3話から登場する。

原作=天沢アキ「ラブリラン」(講談社「Kiss」所蔵)/脚本=永田優子、大林利江子/出演=中村アン、古川雄輝/片瀬那奈(特別出演)/大政絢/大谷亮平ほか

撮影=諸井純二(Rooster)/取材・文=田中隆信/ヘアメイク=高橋里帆(スリーピース)/スタイリスト=高野夏季/編集協力=千葉由知(ribelo visualworks)/衣装協力=<ポーズ1… イエロー> The Virgnia(ワンピース) / <ポーズ2… ホワイト> Plage(トップス)

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る