アウトドアなスポットが満載!山口県のおでかけスポット5選

2018年5月15日 16:30更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

風光明媚な海岸線やカルスト台地など、美しい風景に出会える山口県。アウトドア好きなら一度は訪れたい、穴場キャンプ場も多い。今回、山口県の人気おでかけスポット5選を紹介しよう(ランキングデータは2018年5月11日時点のもの)。

第1位:須佐湾エコロジーキャンプ場

須佐湾エコロジーキャンプ場

全ての画像を見る(5件)

全てのテントサイトが海に面する、丘の上から浜辺まで続くキャンプ場。下部のサイトは荷物運びは大変だが、広くて風当たりは柔らか。場内からすぐに足を運べる「深まてかた海岸」では、海水浴や磯遊びができる。

また、生ゴミを堆肥化するバイオメイト(高速醗酵処理機)が導入され、20種類以上の自然菌によって1日に25kgの生ごみが上等な堆肥となり、畑に利用されている。

第2位:長野山緑地公園

長野山緑地公園

長野山中、7万平方メートルの丘陵に設けられたキャンプ場。ロッジや売店、炊事場やシャワールームなど、充実した施設があるのが特長。展望台からは瀬戸内海を一望することができる。ブナの原生林を下っていけば山麓には滝があり、四季折々の風景が楽しめる。

第3位:須川家族村オートキャンプ場

須川家族村オートキャンプ場

アユが棲む清流・宇佐川に面したキャンプ場。春は山菜狩りを、夏は花火・ホタル観賞を楽しむことができる。キャンプサイトは十分な広さがあるので、タープやテントを張った横でバーベキューを楽しもう。宿泊施設には川沿いのコテージもあり、こちらも人気を呼んでいる。

第4位:川尻岬キャンプ場

【写真を見る】川尻岬キャンプ場は岬から望む朝陽と夕陽が美しく、また釣りスポットとしても有名

本州最西北端に位置する岬にあるキャンプ場。断崖絶壁にある展望台から見る日本海の景色は圧巻だ。サイト区画に仕切りはなく、駐車場は大型車でも乗り入れ可能。

岬から望む朝陽と夕陽は美しく、また釣りのスポットとしても名高い。夏にはアウトドア通のキャンプ客も多く、知る人ぞ知る隠れ穴場スポットだ。

第5位:ライブハウス Gumbo

ライブハウス Gumbo

2013年3日にオープン。店名のGumbo(ガンボ)は山崎まさよしが命名。アメリカのスープ料理のことで、いろんな具材が混ざっているようにロック、フォーク、ブルース、ジャズなどいろんな音楽をこのステージで演奏してもらいたいという思いが込められている。

アコースティックギターの語り弾きを中心に、プロミュージシャンから地元のロックバンドまで、幅広いジャンルのライブが行われている。毎週土曜はオープンマイクになっており、飛び入りでセッションも楽しめる。

美しい自然の中でキャンプ、釣りなどアウトドアが満喫できる山口県。週末、家族やカップルで出掛けてみてはいかがだろうか。

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る