1500株のバラが華の競演!「滝ノ入ローズガーデン 春のバラまつり」開催

2018年5月17日 7:00更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

5月18日(金)から6月3日(日)までの約2週間、埼玉県入間郡にある滝ノ入ローズガーデンにて「滝ノ入ローズガーデン 春のバラまつり」が開催される。

バラの花がお出迎え

全ての画像を見る(4件)

このバラ園は、滝ノ入地域の活性化を目指した「もろもろ町おこし事業」の一環として、2000年に地域のボランティア活動により開園。08年に現在の場所に移転、09年にリニューアルオープンした。

約2800平方メートルの園内には、約350種、約1500株の多彩なバラが咲き誇り、山にかこまれ周囲の自然と一体になった景観は圧巻そのもの。

また、園内では農産物の加工品販売や、バラの苗木販売(売り切れ次第終了)も行われる。

担当者は「里山にあるバラ園のため、春は新緑、秋は紅葉と、自然豊かなロケーションの中、つるバラドームやアーチなど、変化に富んだ園内を楽しんでいただきたいです」と来場を呼びかけている。

【写真を見る】つるバラで覆われたトンネルの中を歩ける

入園料は300円。滝ノ入ローズガーデンは、JR毛呂駅から徒歩30分、東武鉄道越生線東毛呂駅から徒歩40分と遠方であるものの、平日および第1、3土曜日は、両駅を町内循環バス「もろバス・ゆず号」(100円)が運行。「もろびとの館」停留所まで利用するとよいだろう。

バラの香りに誘われて訪れてみてはいかが。

この記事で紹介しているイベント

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

ページ上部へ戻る