ブドウ狩りからなんと…トマト狩りまで!?東海エリアで楽しめる夏の味覚狩り5選!

2018年6月10日 7:00更新

東海ウォーカー 東海ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

春にイチゴ狩りをする人は多い。つみたての果実をほおばれば、ほとばしる果汁で口いっぱいに幸せが広がる。でも「○○狩り」ってイチゴだけではない。メジャーなフルーツからレアモノまで実は以外に種類豊富なのだ。今回は、初夏から夏にかけて東海エリアで楽しめる味覚狩りを5つご紹介!

制限時間なしでブドウを食べまくり!

「岡崎駒立ぶどう狩り組合」(愛知県岡崎市)

種なしで食べやすいと大人気の「デラウェア」。氷を持参して冷やして食べるのもおすすめだ

すべての画像を見る(5件)

組合内には7軒のブドウ農家が立ち並び、好きな農家を選んでブドウ狩りができる。「ハウスデラウェア」に始まり、人気の種なし巨峰まで、さまざまな種類が栽培されている。川遊びや山遊びといった自然体験も用意されているので、何度行っても楽しめる!

【ブドウ狩りデータ】期間:2018年7月20日(金)~10月10日(水)/料金:ハウスデラウェア食べ放題 中学生以上1500円ほか※時期により品種、料金は異なる)、制限時間なし/予約:当日先着順(なくなり次第終了)、20人以上は要予約

完熟メロンが食べ放題

「蒲郡オレンジパーク」(愛知県蒲郡市)

メロンの「食べ放題のみ」(小学生以上2592円~)や「試食のみ」(432円~)など、さまざまなプランから選べる

熟したメロンの食べ放題で人気の「蒲郡オレンジパーク」。好きなメロン1玉を収穫し、持ち帰ることができる。メロン狩りに試食が付いたプラン(3歳以上1836円~)もある。

【メロン狩りデータ】期間:2018年6月上旬~9月末日/料金:メロン狩り+食べ放題 小学生以上3780円ほか※時期により料金は異なる、食べ放題制限時間は60分/予約:要予約(当日可)

農薬を使わず安心・安全

「ブルーベリー浅金(あさがね農園)」(愛知県豊根村)

化学農薬や除草剤を使わず育てた果実は、安心して味わえる

農園にある約1000本ものブルーベリーの木は、安心・安全の肥料で育てられている。つみ取った実を制限時間なしで味わえるのがうれしい。収穫後は、丸太小屋でひと休みしよう。

【ブルーベリー狩りデータ】期間:2018年7月1日(日)~未定/料金:食べ放題 中学生以上1000円ほか※つみ取り分の持ち帰りは1㎏2000円、制限時間なし/予約:不要、土曜・日曜・祝日は要予約(当日可)

甘~いフルーツトマト

「杤本農園」(岐阜県下呂市)

【写真を見る】夏に行きたいフルーツトマトの味覚狩り!

フルーツトマト狩りは珍しいと巷で話題に!ハウスの温度管理を徹底し、手作りの有機肥料で育てたトマトは甘味が凝縮してジューシーだ。

【フルーツトマト狩りデータ】期間:2018年7月8日(日)~10月上旬/料金:入園料 小学生以上200円、量り売り1kg1080円※制限時間なし/予約:要予約(当日可)

たわわに実ったモモにくぎづけ!

「木下農園」(長野県飯田市)

7月末までは「なつき」、7月下旬~8月中旬は強い甘味で人気の「あかつき」、8月中旬~下旬は「なつっこ」が旬

山々に囲まれた果樹園「木下農園」では、「なつき」をはじめ、時期ごとに3、4品種のモモが収穫できる。「桃ジュース」(200ml 250円)や「桃ジャム」(500円)なども販売しているのでチェックしておこう!

【モモ狩りデータ】期間:2018年7月中旬~8月下旬/料金:収穫した桃+冷蔵庫で冷やした桃の食べ放題 小学生以上1400円ほか※制限時間なし/予約:不要(なくなり次第終了)

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る