新施設も登場し、より便利に進化!淡路島・淡路島南3/31RENEWAL「淡路島南PA(上り)」

2018年6月5日 13:33更新

関西ウォーカー 編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

鳴門海峡から程近いパーキングエリア「淡路島南PA(上り)」が、リニューアルした。「非日常の旅」を演出するため、「賑わい」、「眺望」、「回遊性」を考慮したという施設内には、2〜4階にテラスを設置。鳴門海峡と大鳴門橋を一望できる絶景が楽しめる。新メニューをはじめ約60種がそろうフードコート、「タマネギスープ」(540円)や「タマネギドレッシング」(570円)など約750種の名産品がそろう売店もぜひチェックしたい。そのほかにも新たにベビールームやリフレッシュルームを設けるなど、より使い勝手抜群に!<※情報は淡路島Walker2018-19(2018年5月25日発売号)より>

鳴門海峡を見渡せる絶景テラスが誕生!

2〜4階には鳴門海峡を目の前に望むウッドデッキのテラスが設けられた。イスやテーブルなどもあるので、ゆっくりくつろぎながら、雄大な瀬戸内の景色を楽しむことができる。時間:8:00〜20:30

4階の「展望テラス」には望遠鏡(100円/2分)も

全ての画像を見る(9件)

マッサージチェアは無料で利用可

3階のテラスには隣接してリラクゼーションルームも。

地産地消にこだわりフードコートも進化!

淡路島の食材を使ったものはもちろん「徳島風ラーメン」(750円)なども楽しめる開放感あるフードコート。淡路牛ローストビーフ丼など新メニューのほか、淡路玉ねぎラーメンなど、これまであったメニューもさらに進化!席数:106席 タバコ:禁煙

「淡路牛ローストビーフ丼」(1880円)

「淡路牛ローストビーフ丼」(1880円) は柔らかでジューシー。

「匠ミルクソフト」(360円)

「淡路玉ねぎラーメン」(780円)

「淡路玉ねぎラーメン」(780円)には大鳴門橋が描かれた海苔がトッピングに追加された。

白を基調とした店内

大きな窓からは陽の光が射し込み開放感抜群。

休憩時間を快適に過ごせるさまざまな設備が充実!

インフォメーションやベビールーム(9:00〜17:00)など新たに誕生した設備も多数あり。インフォメーション横には無料で緑茶などが飲めるティーサービスコーナー(24時間)も設けられより便利に。

大鳴門橋をテーマにした写真が飾られた2階の展示スペース

ベビールームにはおむつ替え台などや授乳用給湯設備が

さまざまな問い合わせに対応するインフォメーション

淡路島・淡路島南「淡路島南PA(上り)」住所:兵庫県南あわじ市阿那賀731-8 電話:0799-39-1117 時間:フードコート・売店8:00〜21:00、土日祝〜22:00(フードコートはLO各15分前) ※施設により異なる 休み:なし 駐車場:105台(無料)

この記事の画像一覧(全9枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る