部屋に飾りたい! アート作品を探すならこのお店!

2018年7月8日 18:00更新

東京ウォーカー 東京ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

古着屋やヴィンテージショップが多く集まる下北沢の街。駅前のにぎやかなエリアから少し離れて下北沢〜三軒茶屋をつなぐ茶沢通りを10分ほど歩いていくと、ゆったりとした時間が流れる雰囲気のいいお店が次々に現れる。ブルーの扉が目印の「nonsense」は、家具、食器、工芸品、古道具、アクセサリー、アート作品など、ヨーロッパを中心に国内外で仕入れた美しいデザインのヴィンテージ品に出会えるお店だ。

部屋の印象を変えてくれるおすすめ作品

店内は大きな家具を中心に、商品に合わせてレイアウトを変えているそう

全ての画像を見る(4件)

【写真を見る】風景画、静物画、人物画など、雰囲気のいいアート作品が手に入る

インテリアにも馴染む70年代デンマークの壁かざり(3万円)

今回紹介したいのは、「nonsense」で手に入るアート作品たち。日本ではなかなか欧米のように壁に絵を飾ることが少ないけれど、最近では手軽で気の利いたものを探しにやってくる人が多いそう。季節やインテリアに合わせて入れ替えれば、部屋の印象をがらりと変えてくれる。

どこかほっとする人物画は、日本の画家・荻太郎さんの作品(7万円)

「壁のデコレーションものはうちですごく人気がある商品。“アート”っていうと敷居が高いかもしれないんですが、有名・無名にこだわらず気に入ったものや気軽に楽しめるようなものを集めているので、取り入れやすいと思います。逆に、絵が好きな人に気に入ってもらえるようなしっかりとした作品もバランスを見て置くようにしています(笑)。気になったものがあれば、ぜひ声をかけてくださいね」と店主の益子さん。部屋のインテリアを選ぶ感覚で、暮らしを楽しくしてくれるアート作品を探してみては?

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

ページ上部へ戻る