ジミー大西の『アホ』話がさく裂! ドラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』大阪試写会

2018年7月16日 16:37更新

関西ウォーカー 桜井賢太郎

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ドラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』のイッキ観試写会が大阪なんばで行われた

すべての画像を見る(8件)

明石家さんまが企画・プロデュースしたドラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』が7月20日(金)よりNetflixより独占配信を開始される。この配信に先駆けて本作の「イッキ観試写会」が7月14日(土)に大阪・なんばのYES THEATERで行われた。主演を務めた中尾明慶、共演の六角慎司、お笑い芸人のジミー大西と村上ショージが登壇。上映後の観客に暖かく迎えられた。

ジミー大西を演じた中尾明慶

ジミー大西も登場

Mr.オクレ役の六角慎司は本物より本物と評判だった

村上ショージも応援に駆け付けた

『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』は駆け出しのジミー大西が明石家さんまと出会い、芸人として人気を得て、やがてお笑いの域を超えて画家に転身する物語。ジミー大西役の中尾明慶は「このドラマが明石家さんま役を玉山鉄二さんがやるって発表されたとき、『カッコよすぎる』という書き込みがあったけど、僕については誰も書いてなかったんですよ」と自嘲気味に紹介。「でもさんまさんをはじめ周りの方から似てるって言ってもらい、役に合うんじゃないか」とほっとしながら臨んだという。

中尾は周囲から「ジミーに似てる」と評判だった

中尾は本作に木村拓哉が芸人役として出演していることについて、「さんまさんと木村さんとの仲というか、愛を感じた」と語り、村上は「そういう人が出るからギャラが減るねん」と悪態をつき笑いを誘った。また撮影時、六角はさんまに「『滑ったくせに』ってアドリブで木村に言え」と指示され喧嘩を売っているようですごい怖い思いをしたと語った。

木村拓哉が出演することを役者陣は知らなかった

村上ショージは本作以外のジミー大西の『アホ』エピソードについて、お世話になってる喫茶店のマスターに寿司を奢ってもらった話を披露した。夜にジミーを電話で呼び出し、マスターと寿司屋で待っていたという村上。パジャマ姿で現れたジミーはトロなどの高いものばかり遠慮なくお腹いっぱい食べてそのまま帰ってしまった。そこで次の日村上は「寿司を食べさせてもらってるねんから、マスターにお礼くらい言えよ」とジミーを叱ると「兄さん、寿司食べたんですか?いいなあ」とすっかり忘れていたことを明かした。周りの登壇者から「なんで忘れてるんですか」と指摘されたジミーは「あの時寝ぼけててん」と一言ポツリ。周りも呆れた様子。

一度もドラマの現場に行かなかったというジミー。村上から「なんで行けへんねん」と突っ込まれると「交通費が出ないんで」と返答。「こいつギャラのことばっかり」と村上が怒るとジミーは「ギャラは全部使いました、ドラマとかで放送できひんけど」と語り、会場を沸かせた。

ファンの声援に村上ショージはギャグで返答

この記事の画像一覧(全8枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

特集

ページ上部へ戻る