その道の専門家が作りあげる、こだわりがギュッと詰まった神奈川のかき氷3選

2018年8月1日 18:41更新

横浜ウォーカー 取材・文/A-un、撮影/後藤利江

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

紅茶の専門家、和菓子職人、製氷店など、その道のプロが厳選素材で作ったかき氷。ここでしか味わえないこだわりの一杯は感動モノだ!

創作和菓子店の技が生きる「香炉庵 茶寮」で滋味深い一杯を!

「香炉庵 茶寮」の「湘南ゴールドかき氷」(980円、〜9月下旬)は、シロップに甘夏も入って清涼感たっぷり。中に牛乳プリンを入れ、白玉を添えてある。煎茶付き(C)KADOKAWA 撮影=吉澤広哉

元町本店2Fにある茶寮では、創作和菓子店らしい甘味のほかランチも楽しめる。看板商品のどらやきにも入った粒あんを使用している「あずき練乳かき氷」(1,000円)、自社製のイチゴ蜜がたまらない「いちご」(980円)などにも職人の技がキラリ!

みずみずしさを与える寒天入りの氷ゼリーを使用している
(C)KADOKAWA 撮影=吉澤広哉

全ての画像を見る(9件)

和の情緒あふれる店内はゆっくりとくつろげる(C)KADOKAWA 撮影=吉澤広哉

「ティーハウスマユール 宮崎台店」で紅茶専門店ならではのかき氷を味わう

【写真を見る】「ティーハウスマユール 宮崎台店」の「特選ダージリン」(1,296円、〜9月下旬)。繊細な香りと渋味が喉を潤してくれる(C)KADOKAWA 撮影=後藤利江

インドの一流茶園から直輸入する厳選した茶葉を販売する紅茶専門店でありつつ、かき氷の人気は神奈川県内でもトップクラス。約15種類のかき氷が通年楽しめ、紅茶系だけでも5種類ほど。スパイシーな「マサラチャイ」(864円)もオススメだ。

収穫時期の違う2種のダージリンで味と香りを鮮明に(C)KADOKAWA 撮影=後藤利江

陽が射し込む店内。入口では紅茶の販売もしている(C)KADOKAWA 撮影=後藤利江

「氷屋ツルミセイヒョウ」のかき氷で、老舗の純氷をお手ごろに楽しんで

「氷屋ツルミセイヒョウ」の写真を撮りたくなる「レインボーかき氷」(300円)。イチゴ、レモン、ブルーハワイの3色のシロップを使う(C)KADOKAWA 撮影=吉澤広哉

1930(昭和5)年に製氷店として創業し、10年ほど前からかき氷の販売をスタート。まさに「氷のプロ」が作るふわふわのかき氷が小カップ150円〜、大カップ270円〜と手ごろに味わえるとあって、全16種類を制覇する人もいるのだとか!

88年培ってきた技法で長時間生成した純氷を使用(C)KADOKAWA 撮影=吉澤広哉

注文をすると窓越しに作って渡してくれる(C)KADOKAWA 撮影=吉澤広哉

このほか、人気パティスリーやショコラティエなどのかき氷も注目を集めているので、この夏は「かき氷ジャーニー」を満喫しよう!

この記事の画像一覧(全9枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る