“天守炎上”の異名を持つ岐阜・郡上八幡城を彩る紅葉絶景

2018年10月16日 19:40更新

東海ウォーカー 東海ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

白亜の天守閣に迫るように麓(ふもと)を埋め尽くす真紅の紅葉。「郡上八幡城」(岐阜県郡上市)の紅葉は“天守炎上”といわれるほどの絶景だ。

白亜の天守閣に迫る燃えるような紅葉

全ての画像を見る(4件)

気象条件によって、雲の上に立つ天空の城のような姿が見られると人気急上昇中の「郡上八幡城」。ライトアップ時は夜空に浮かぶような天空のモミジ庭園を楽しめる。紅葉祭り期間である2018年11月1日(木)から18日(日)までの土曜・日曜・祝日は、天守閣前で和太鼓や火縄銃の演武といったイベントも開催する。

【写真を見る】夜の闇に浮かぶ姿が美しい。ライトアップ期間中の郡上八幡城は夜間も開城される

2018年11月9日(金)から18日(日)まではライトアップ期間となり、夜間も開城される。夜の闇に浮かぶ姿も見逃せない。

周辺スポットも要チェック。城下町の北西にある古刹「大乗寺」は、静かに紅葉を楽しめる穴場スポットとしても人気だ。地面を赤や黄色に染める美しい落葉を見に行こう。また、旧八幡町役場をリニューアルした「郡上八幡旧庁舎記念館」は、無料休憩所や観光案内所などを備えている。観光の休憩に立ち寄ってみよう。

静かに紅葉が楽しめる穴場スポット「大乗寺」

「郡上八幡旧庁舎記念館」

【紅葉DATA】色付き始め:11月上旬/落葉:11月下旬/ライトアップ:11月8日(木)~18日(日)予定/紅葉祭り:11月1日(木)~18日(日)/規模:約100本/混雑状況:2018年は特に観光客が多く、ライトアップ時期や週末は、混雑が予想される

この記事で紹介しているイベント

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る