メロン、黒毛和牛など、豪華食材食べまくり! 日本最大級のフードフェス「まんパクin万博2018」大阪で開幕 初日から盛況

2018年10月7日 1:13更新

関西ウォーカー 新城重登

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

大阪・万博記念公園で10月6日(土)、食欲の秋に相応しい日本最大級のフードフェス「まんパクin万博2018」が始まった。関西ウォーカーのレポーター・根垣あもさんが会場をレポートする。

まんパクで毎年人気の「メロンまるごとクリームソーダ」が今年も登場!

全ての画像を見る(8件)

会場には、全国から人気店約70店(初登場は約30店舗)が集結。毎年人気の「肉」「海鮮」「ラーメン」「餃子」「スイーツ」「揚げもん」に加え、今年は「チーズ」「卵」のエリアも設ける。そのほか、週替わりで人気のパン店が登場する「パンマルシェ」や、「世界のビールブース」「縁日」なども展開する。

「鹿児島産黒毛和牛 ジャンボ牛串」は200グラム!

初日はとても多くの人が来場。大道芸のパフォーマンスや、期間中の土曜限定で開催する「本まぐろの解体ショー」などで盛り上がりを見せていた。

初日から多くの人が来場

根垣あもさんは「大判しいたけチーズ焼き」「京都からあげ梅しん」「鹿児島産黒毛和牛 ジャンボ牛串」「メロンまるごとクリームソーダ」を試食。「どれも美味しかった。会場がとても広くてこんなにお店が出てるのは凄い」と話していた。

根垣あもさんが想いの茸「大判しいたけチーズ焼き」を試食

※関西ウォーカーWEB(https://kansai.walkerplus.com/)では動画レポートも掲載しています。

想いの茸「大判しいたけチーズ焼き」は絶品!

■まんパクin万博2018 <会場>万博記念公園 東の広場 <住所>大阪府吹田市千里万博公園1-1(大阪モノレール「万博記念公園駅」より徒歩10分) <日程>2018年10月6日(土)・7日(日)・8日(月・祝)、13日(土)・14日(日)・15日(月) 、20日(土)・21日(日)・22日(月) 計9日間 <時間>開場10:00/閉場18:00 ※万博記念公園の入場は16:30まで <料金>土日祝¥500 平日¥400 (別途万博記念公園入園料 大人¥250/小中学生¥70) <公式サイト>http://manpaku.jp/osaka

この記事の画像一覧(全8枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る