福岡・中洲のリバーサイド夜景が楽しめる! 眺めのいいレストラン3選

2018年10月27日 17:00更新

九州ウォーカー 九州ウォーカー編集部(Reserve Walker)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

日本3大繁華街の福岡・中洲エリアには、那珂川をはじめ博多川、新川などいくつかの川が流れるていて、その川沿いに多くの店がひしめきあっている。窓から見えるネオンのきらめきと夜景を眺めながら、地元名物料理や新鮮な魚介類、店の雰囲気から職人の心意気までも一緒に楽しめる、編集部オススメの3軒を教えます。

素材を大切にした至福のナチュラルフレンチ

■L'eau Blanche(ロー ブランシュ) / 最寄り駅:中洲川端駅

福岡県福岡市中央区西中洲4-4 RIN FIRST2F / 092-752-2122 / 18:00~22:00(LO)、土曜12:00~15:00 / 中洲川端駅より徒歩約6分

落ち着いて食事が楽しめるゆったりした空間

全ての画像を見る(12件)

【写真をみる】本州鹿ロースのロースト

那珂川に面したフレンチレストラン。腕を振るうのは東京や福岡の名店で美食家を唸らせてきた、白水鉄平シェフ。生産者を訪ねて出会った食材を生かし、ナチュラルなフレンチに仕上げる。おいしさをさらに引き出すのは、ソムリエの佐々木利雄さんが選ぶワイン。2人による食の演出にファンは増え続けている。ディナーコースは7344円〜。

鱸 シーアスパラガス こぶみかん

キャナルシティ博多や天神からもすぐの立地

博多・九州のグルメが集まる美食の空間

■博多の砦 / 最寄り駅:中洲川端駅

福岡県福岡市博多区下川端町3-1 博多リバレインモール2F / 092-260-3422/11:00〜14:30(LO14:00)、17:30〜23:00(LO22:00) / 中洲川端駅直結

最大64名収容できる空間。博多川沿いで見晴らしも抜群

寿司職人がにぎる本格的な寿司も定評

箱庭のある個室や、夜景を望む席など、異なる雰囲気の4つの空間からなる食事処。人数や用途に応じて使い分けができ、ビジネスなどさまざまなシーンで重宝する店だ。料理は呼子のイカや長浜漁港直送の魚、黒毛和牛など九州の美食が集結。刺身や水炊き、もつ鍋、寿司など、職人の技を尽くした和食でお腹も心も満たしてくれる。

店内にある生け簀では、長浜市場直送の魚が泳ぐ

黒毛和牛のしゃぶしゃぶ。さっぱりした阿蘇自然豚も旨い。

日本料理を牽引し続ける老舗の味に舌鼓を打つ

■日本料理 福岡 なだ万 / 最寄り駅:中洲川端駅

福岡県福岡市博多区住吉1-2-82 グランドハイアット福岡5F / 092-271-7161/7:00〜10:00(LO)、11:30〜15:00(LO14:30)、17:30〜21:30(LO21:00)、土曜・日曜・祝日は17:00〜 / 地下鉄中洲川端駅または祇園駅より徒歩約10分

店内には、寿司の専門カウンターも備える

月替わりの懐石コース一例(9180円)

“老舗はいつも新しい”。「なだ万」の料理は、王道でありながらも先進的。平日昼限定「四季ごよみ」(2376円)や月替わりの懐石(6480円〜)など、九州の食材をふんだんに使用した品々は、どれもが四季を目で、舌で感じさせてくれる。しとやかな和の美に彩られた店内、博多の街並みや那珂川を望むロケーションも魅力だ。

月替わりの懐石コース一例(ディナー6480円〜)

「蘭藤の間」。窓からは那珂川と博多の街を望む

この記事の画像一覧(全12枚)

大きなサイズで見る

キーワード

ページ上部へ戻る