温泉にグルメ、素敵な空間…… 3拍子そろった高山市のごほうびホテルに注目!

2018年11月27日 18:00更新

東海ウォーカー エムズハウス

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

北アルプスの山々に囲まれた町・高山。最近では、昔ながらの町並みが写真映えするなどの理由で若い女性も多く訪れるように。そんな女性に行っていただきたいのが、癒し度満点のホテルアソシア高山リゾートだ。今回は、モデルの葛巻さんが、ホテル内を体験してオススメポイントをレポート!

ロビーに入った瞬間、優雅な雰囲気にうっとり

優雅なロビーの雰囲気に、気分も上がる!

全ての画像を見る(11件)

標高640mの丘に広がる森のリゾートホテル、ホテルアソシア高山リゾートに到着した葛巻さん。広々としたエントランスや優雅なロビーに、「入った瞬間、特別感に浸れますね」と思わずニッコリ。ここには、質の高いサービスはもちろん、極上の食、温泉、景色、客室など、至福のホテルステイを演出するすべてがそろっている。

【写真を見る】エレガントなレディースデラックスツイン

今回宿泊するのは、レディースデラックスツイン。ヨーロピアンテイストの客室には、マッサージチェア、三面鏡ドレッサー、専用アメニティなどそろっていて「女子にうれしい配慮がたくさんありますね!」と満足そう。窓に広がる北アルプスの眺望を眺めながら、何もしない贅沢な時間を満喫する葛巻さん。このホテルの全客室には大きな窓があり、3,000m級の北アルプスを借景としている。ほかにも広々としたスタンダードツイン、寝室とリビングで構成されるスイートルームなどさまざまな客室があるので、旅のスタイルに合わせて選ぼう。

1日中絶景が楽しめるインフィニティ風呂に感動

景色と湯面が一体化して見えるインフィニティ風呂で、まったり♪

客室に荷物を置いたら、さっそく温泉フロアへ。ここでは、駐車場近くの源泉からひいた弱アルカリ性単純泉を、10種類の露天と2種類の内湯で楽しむことができる。「冬には、雪化粧をした北アルプスの山々を眺めながら、温泉に浸かることができるんですって!」と葛巻さんも絶景の素晴らしさにビックリ。日没前は北アルプス、日没後には満天の星空を眺めながら、やさしい肌触りの温泉を楽しもう。

内湯ももちろん、天然温泉を使用

温泉でしっかりと体を温めたら、エステ&リラクゼーション スパ フィトンへ。人気メニュー、アロマボディ(45分9,720円〜)でトリートメント。「施術前のカウンセリングで、その日の体調や気分にぴったりの香りが選べます。香りのブレンドオプション(+1,620円)もOKですよ!」

ベテランのセラピストによる施術に思わず笑みが…

使用するエッセンシャルオイルは、飛騨高山生まれの国産アロマ、yuica(ユイカ)。主に飛騨高山の森林から採集された樹木の枝葉を原材料に、高山で作られている。

yuicaの商品は、スパ フィトンで購入することもできる

贅沢!飛騨牛の食べ比べディナー

スパ フィトンで日頃の疲れをリセットしたら、お待ちかねのディナータイム!目の前の鉄板で、シェフが厳選素材を鮮やかに調理する鉄板焼 峰へ。「今日は奮発して、飛騨牛食べ比べコース(¥13,890、注文は2人〜)で、A5ランクの飛騨牛のフィレとサーロインの食べ比べを楽しみます」

フランベのパフォーマンスやシェフとの会話も楽しんで

飛騨牛のほか、地物を中心とした野菜や旬の魚介など、ボリュームも満点。ファンの多いガーリックライスには特産品のえごまを使うなど、ご当地ならではのアレンジも楽しい。「音や香りに、食欲がそそられちゃう…。何より、目の前の鉄板で繰り広げられるライブ感がとても楽しいですね」と食べる前からテンションがあがる葛巻さん。

きめ細やかな肉質のフィレ

サラッととける上品な脂質のサーロイン

「シェフに好みを伝えておくと、飛騨牛は絶妙な焼き加減に仕上げてくれます。両面を焼いた後に、一度肉を休ませるとよりおいしくなるんですって!」A5ランクの飛騨牛は、まずは岩塩でシンプルに。その後、お好みでワサビや藻塩、タレを付けて味わって。

至福のごほうびホテルステイに大満足

三面鏡ドレッサーで、朝のメイクもばっちり!

寝心地のいいシモンズのベッドでぐっすりと眠った翌朝は、目覚めがとてもさわやか。身支度を整えたら、レストラン ロジェールの和洋ブッフェで朝食を。「シェフが目の前で焼いてくれるパンケーキが評判なんですって!」と、さまざまなメニューに葛巻さんもワクワク。飛騨ヨーグルトを使った、ホテルメイドのパンケーキや、飛騨の厳選食材を使ったブッフェで、朝から元気をチャージできた様子。

スパウイング6Fには足湯も完備

朝食後も、チェックアウトの12時までゆっくり過ごせるのもうれしい。天然温泉(〜10時)で朝風呂を楽しんだり、ショップで土産を購入したり…もちろん、目の前に広がる眺望にただ見とれるだけでも、至福のホテルステイを満喫できる。

「今回は、最高に贅沢な旅でした。日頃の疲れもリセットできたし、心がとても軽くなった気がします。また明日から頑張って、ごほうびに高山に戻ってきますね!」と大満足だった様子。

ぜひ、自分の頑張りを褒めてあげる時のごほうびホテルとして利用してみよう!

この記事の画像一覧(全11枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る