冬こそキレイ!2019年、東海エリアでおすすめの冬花火!

2018年12月4日 18:00更新

東海ウォーカー 東海ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

花火と言えば夏のイメージが強いが、冬の澄んだ空に上がる花火もまた必見。場所によって特徴もさまざまな冬の花火から、今回は東海地区イチオシの花火をご紹介する。

温泉街に上がる花火は風情満点!

●「冬の下呂温泉 花火物語」(岐阜県下呂市)

「冬の下呂温泉 花火物語」

「冬の下呂温泉 花火物語」

すべての画像を見る(2件)

下呂温泉の冬を彩る風物詩。1月は「新春」や「成人式」、2月は「節分」や「バレンタイン」、3月は「桃の節句」や「ホワイトデー」をテーマにした花火が約2000発上がる。下呂大橋上の東側や阿多野谷周辺から眺めるのがおすすめだ。花火は、2019年1月5日(土)から3月30日(土)の間の土曜に見ることができる。

音楽に合わせて花火が夜空を彩る

●「安城産業文化公園 デンパーク ウィンターフェスティバル」(愛知県安城市)

【写真を見る】東海エリアの冬花火はこちら!「安城産業文化公園 デンパーク ウィンターフェスティバル」

【写真を見る】東海エリアの冬花火はこちら!「安城産業文化公園 デンパーク ウィンターフェスティバル」

2019年1月14日(月・祝)まで開催のウィンターフェスティバルで、土日祝や12月25日(火)~28日(金)に花火ショー(20:20~)を実施。水のステージを会場に、今年も「北欧のクリスマス」をテーマに園内を彩る、50万球のイルミ(16:30~)も見逃せない。

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る