パシフィコ横浜が城で埋め尽くされる!? お城好き必見の「お城EXPO」を今年も開催

2018年11月20日 19:21更新

横浜ウォーカー 取材・文/瀧本充広

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

「城めぐり観光情報ゾーン」「お城ジオラマ・お城模型展」などパシフィコ横浜がお城一色に!

全ての画像を見る(5件)

パシフィコ横浜 会議センターがすべてお城で埋めつくされる、城好き必見のイベントが今年もクリスマスシーズンの2018年12月22日(土)~24日(祝)に開催される。「城めぐり観光情報ゾーン」「お城のジオラマ・模型展」などのほか、講演やトークショー、ワークショップ、貴重な史料展示などさまざまな視点からお城の魅力を体感できる。

全国から60以上の城が集結!城に関する展示物も満載!

日本全国の名城を紹介するパネル展で城の特徴などをチェック!

パネルや模型などさまざまな展示物が登場。「日本100名城&続日本100名城パネル展」は、日本城郭協会選定の日本100名城・続日本100名城のパネルが一斉展示される。日本が誇る名城の内容がわかるパネルがズラリとそろい、まだ訪れたことのない城へプチ旅行気分を味わえそう。

回数を重ねるごとにパワーアップしている「お城のジオラマ・模型展」は、お城の模型作家による精巧にできた城の模型を展示。細部まで再現された城の出来栄えは圧巻のひと言だ。また、全国から応募された城のフォトコンテストも開催。応募者の思いも詰まった城のさまざまな表情を見られる。このほかにも、「お城シアター」では城関連の番組・各地の城の紹介映像を終日視聴することができる。また、城郭の関連団体が城めぐりに役立つとっておき情報や周辺観光情報を発信するコーナー「お城めぐり観光情報ゾーン」や、城郭模型、書籍など城関連商品を多数販売する「城下町ブース」は過去最多となる60以上の出展が予定されているので見逃せない。

明智光秀の新史料「明智秀満書状」も初公開!

【写真を見る】今年発見された明智光秀が築いた坂本城に関する新史料「明智秀満書状」を初公開!

2018年2月に三重県で発見された明智光秀が築いた坂本城に関する新史料「明智秀満書状」が初公開される。これは、明智光秀の重臣である明智秀満が、坂本城の築城に関して出した書状で、坂本城の広間の襖・障子・引手・釘隠し取り付けについて、責任をもって丁寧に行うことを命令した内容。戦国・安土桃山期の城郭の具体的な内装がうかがえる貴重な史料になっているだけに歴史・城ファンとしては必ず見ておきたい代物だけに楽しみだ。

「織田信長制札」も関東初公開

「明智秀満書状」のほかにも、貴重な史料がたくさん。関東初公開の織田信長や豊臣秀吉らの制札や朱印状など、天下統一への道のりをうかがえるものもあり、こちらも見逃せないところだ。

ここでしか聞けない講演やトークショーも!

お城のスペシャリストによる講演やトークショーも行われる

講演やトークショーも人気。2018年12月22日(土)11:00~12:30には日本城郭協会理事長の小和田哲男による「道三・信長の国盗り物語」、13:30~14:30にはお城好き落語家として有名な春風亭昇太が城郭ライターの萩原さちこと共に「信長の城を語ってみよう」というタイトルで行うなど、開催3日間各日3回さまざまなジャンルの城のスペシャリストが登場する。

また、写真やイラストなど城に関する多彩な楽しみ方を紹介・体験できるワークショップやセミナーも行われる。講演やトークショーなどの「厳選プログラム」は指定席券で一律1公演1,000円(前売り券が完売した場合は当日券の販売なし)。ワークショップやセミナーは、当日開城後に配布される整理券が必要だ(別途費用がかかるものもあり)。

このほかにも、武将隊による演武や人気ご当地キャラクターのステージなどもあり、城好きにはたまらない3日間になりそうだ。

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る