浦井健治「特殊メイクをやらせていただくことも特別感があって、テンアゲの状態であります」

2019年1月30日 10:00更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス/野木原晃一

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ミュージカル「笑う男 The Eternal Love ―永遠の愛―」日本初上陸

(写真左より)「笑う男 The Eternal Love -永遠の愛-」に出演する衛藤美彩さん(乃木坂46)、朝夏まなとさん、浦井健治さん、夢咲ねねさん

(写真左より)「笑う男 The Eternal Love -永遠の愛-」に出演する衛藤美彩さん(乃木坂46)、朝夏まなとさん、浦井健治さん、夢咲ねねさん

すべての画像を見る(9件)

 1月29日、ミュージカル「笑う男 The Eternal Love ―永遠の愛―」の製作発表記者会見が東京會舘で行われ、主人公・グウィンプレン役の浦井健治さん、盲目の少女・デアをWキャストで演じる衛藤美彩さん(乃木坂46)と夢咲ねねさん、貴族のジョシアナ公爵役の朝夏まなとさんが、翻訳・訳詞・演出を手掛ける上田一豪さんと共に登壇した。

【写真を見る】主人公・グウィンプレンを演じる浦井健治さん

【写真を見る】主人公・グウィンプレンを演じる浦井健治さん

 本作は「レ・ミゼラブル」の著者として有名なフランスの文豪・ヴィクトル・ユゴーの作品を基に、「マリー・アントワネット」の演出が記憶に新しいロバート・ヨハンソンが脚本を手がけ、18年初夏に華々しく世界初演の幕を開けた大作ミュージカル。今回の公演が日本初演となる。

浦井健治さん「僕の子供時代の子役が3人いるので、3人をよく観察して三様のグウィンプレンを作っていきたい」

浦井健治さん「僕の子供時代の子役が3人いるので、3人をよく観察して三様のグウィンプレンを作っていきたい」

 浦井さんは「金持ちの天国は貧乏人の地獄から作られるということで、裸足です」と足元を見せ、「口が裂けておりますが、この特殊メイクをやらせていただくことも自分の中では特別感があって、テンションが上がって『テンアゲ』の状態であります(笑)」とグウェインプレンを演じる喜びを表現した。

浦井健治さんは裸足で登場

浦井健治さんは裸足で登場

盲目の少女・デアを演じる衛藤美彩さん(乃木坂46)

盲目の少女・デアを演じる衛藤美彩さん(乃木坂46)

 デア役の衛藤さんはグランドミュージカルへの出演は今回が初となる。「グループを飛び出して、今回ひとりで出演させていただきますが、本当に緊張しています。素晴らしい大先輩方と一緒に、本番までに私なりのデアを演じられるように、その世界を届けられるように頑張りたいと思います」と今の心境を語った。

Wキャストの夢咲ねねさんと私服の帽子が一緒だったことで、「運命を感じました」という衛藤美彩さん(乃木坂46)

Wキャストの夢咲ねねさんと私服の帽子が一緒だったことで、「運命を感じました」という衛藤美彩さん(乃木坂46)

衛藤美彩さんは、浦井健治さんと夢咲ねねさんと「木に宿る天使」を歌唱した

衛藤美彩さんは、浦井健治さんと夢咲ねねさんと「木に宿る天使」を歌唱した

 同じくデアを演じる夢咲さんも「最初、このお話をいただいた時、『笑う男』ってコメディなのかホラーなのか、何もわからない状態でした(笑)。でも、いろいろ調べていくうちに、奥が深くて悲しくも切ない中に、ワイルドホーンさんの壮大な曲と相まって、とても素敵なストーリーだとわかりました。デアとして、一筋の光になれればいいなと思っています」と意気込みをコメント。

Wキャストでデアを演じる夢咲ねねさん

Wキャストでデアを演じる夢咲ねねさん

 Wキャストということでお互いの印象を聞かれ、夢咲さんが「衛藤ちゃんは可愛いが詰まっているんですよ。行動ひとつひとつが可愛くて」と話すと、衛藤さんは照れながら「グループ内ではそういうキャラクターじゃないので(笑)。でも、グループでは上から2番目ですけど、今回は一番年下なのでちょっと甘えさせていただいて、年下感を味わいたいと思います」と答えた。さらに「ねねさんとは、パンフレットの撮影の時に初めてお会いしたのですが、その時の私服の帽子がお揃いだったんです。それで私は運命を感じました」と、夢咲さんとの初対面の時のエピソードも披露した。

ジョシアナ公爵を演じる朝夏まなとさん

ジョシアナ公爵を演じる朝夏まなとさん

 ジョシアナ公爵を演じる朝夏さんは「『笑う男』には貧乏人と貴族の対比が描かれているので、貴族の象徴として色濃く存在できるようにしたいです。私にとって挑戦の役なので、『こんなの見たことない』と思ってもらえるように演じたいです」と役への思いを話した。

 会見の後、劇中の楽曲「木に宿る天使」を浦井さんと衛藤さんと夢咲さんが、「この気持ちは何?」を朝夏さんが、「笑う男」を浦井さんが歌唱し、披露。

 ミュージカル「笑う男 The Eternal Love ―永遠の愛―」は4月9日(火)に日生劇場でスタートし、名古屋、富山、大阪、福岡でも上演される。

取材・文=田中隆信

この記事の画像一覧(全9枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る