多彩な椿を堪能!世界が認める椿園「大分農業文化公園」で椿まつりが開催

2019年2月10日 12:00更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

国際ツバキ協会「優秀つばき園」に認定されたつばき園を有する大分農業文化公園で、2月23日(土)~3月31日(日)の約1か月間「椿まつり」が開催される。

色や形など様々なタイプの椿を観賞することができる
写真は主催者提供

全ての画像を見る(3件)

シンプルな一重咲きや、バラに似た大輪の八重咲きまで、2.2ヘクタールの広さがある椿園では、約400品種・1000本の椿が秋から春にかけて開花。さらに、2014年2月にオープンした屋内つばき園「椿花咲苑」には約100品種の椿があり、多彩な椿が園内を彩る、まさに椿の祭典だ。

100品種の珍しい椿を鑑賞できる屋内つばき園「椿花咲苑」写真は主催者提供

期間中は写真コンテストや、椿油手しぼり体験・ハンドクリームづくり・リップスティックづくりなどのワークショップをはじめ、椿に関連した様々な催しが楽しめる。またツバキ苗や椿グッズ、オリジナル椿油の販売も行われる。

春の訪れを感じさせる大分農業文化公園に出かけて、多彩な椿を観賞してこよう。

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る