NMB48 20thシングル「床の間正座娘」リリース! 山本望叶さんにインタビュー

2019年2月13日 9:30更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス/野木原晃一

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ファンの皆さんの前で歌うのが楽しみです

山本望叶さん「この一年、あっという間に感じましたが、中身の濃い一年でした」

すべての画像を見る(4件)

 昨年1月に行われた「第3回AKB48グループ ドラフト会議」で、NMB48チームBⅡに指名され、アイドルとしての活動をスタートさせた山本望叶さん。この一年の活動の中で特に印象に残っている出来事を聞いてみると。

「この一年、あっという間に感じましたが、中身の濃い一年でした。いろんな思い出がありますけど、特に印象的だったのは(山本)彩さんの卒業コンサート(「SAYAKA SONIC〜さやか、ささやか、さよなら、さやか〜」)ですね。彩さんと(山本)彩加さんと『Bird』を一緒に歌わせていただいたのですが、人がたくさんいすぎて不思議な感じでした」

 山本彩さんと言えば、18年9月に開幕したNMB48研究生公演「夢は逃げない」をプロデュースし、タイトル曲を自ら作曲している。そしてその曲は、今年1月に行われた「AKB48グループ リクエストアワー セットリスト ベスト100 2019」で12位にランクインした。

「12位に入っていてビックリしました。初めて聴いたという方もたくさんいらっしゃったと思うのですが、曲中で彩さんの『頑張れ』という声が流れた瞬間、『え!?』みたいな反応が見られて新鮮でした(笑)」

【写真を見る】山本望叶さん「個性的な先輩方の中で、埋もれないように上を目指して頑張ります」

 元日に行われた組閣(チーム再編成)において、研究生から正規メンバーへ昇格することが発表され、3月から始動する新体制でもチームBⅡ所属が決まった。

「正規メンバーに昇格できて、すごくうれしいです。BⅡは先輩方も若いメンバーが多くて、フレッシュなチームだと思います。チームキャプテンのこじりんさん(小嶋花梨)は、グループ全体のキャプテンでもありますし、とても優しくてしっかりされているので、ついていきます。副キャプテンの(山田)寿々さんはいつも気さくに話しかけてくださいますし、こちらからも話しかけやすい先輩なので同じチームになれてうれしいです。同期のけいとちゃん(塩月希依音)が同じチームなのも心強いです。個性的な先輩方の中で、埋もれないように上を目指して頑張ります」

山本望叶さん「私もゆーりさんのようなパフォーマンスができるようになりたいなと思っています」

 2/20㊌に発売される20thシングル「床の間正座娘」で、選抜メンバーに初選出された。

「選ばれた時、ビックリしましたが、すごくうれしかったです。アップテンポな曲が好きなので、この曲もお気に入りです。ファンの皆さんの前で歌うのが楽しみだなって思いました。ミュージックビデオの撮影も緊張しましたけど楽しかったです」

 次世代のエース候補として期待されている山本さん。尊敬する先輩メンバーは太田夢莉さんだそう。

「ゆーりさんは憧れの先輩です!私を含め、後輩にいっぱい話しかけてくれますし、ライブでのパフォーマンスもすてきです。私もゆーりさんのようなパフォーマンスができるようになりたいなと思っています」

 今後の目標を聞いてみると。

「劇場公演でユニット曲を歌う時、カッコイイ系の曲を任されることが多いのですが、個人的には『ショートカットの夏』のようなかわいいタイプの曲も好きなのでそういう曲も歌ってみたいですね。あとは、ツアーで全国いろんなところを回りたいです」

撮影=石塚雅人/取材・文=田中隆信/ヘアメイク=mahiro(M's up) /スタイリスト=杉本知香/キャスティング=千葉由知(ribelo visualworks) /衣装協力=<ポーズ1… レッド> AMAIL(ニット、ブーツ)、Valmuer(スカート) <ポーズ2… ホワイト> RANDA(ブラウス)

NMB48 20thシングル「床の間正座娘」(laugh out loud records)2/20㊌リリース©NMB48

NMB48 20thシングル「床の間正座娘」(laugh out loud records)2/20㊌リリース

NMB48第2章のスタートとなる20thシングル。センターを務めるのは、17thシングル「ワロタピーポー」以来3作ぶりとなる白間美瑠。ドラフト3期生の南羽諒と山本望叶が初選抜入りした。Type-A、Type-B、Type-C、Type-D、劇場盤の5形態でリリースされる。

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る