毎回異なるテーマで花火が打ち上がる!岐阜県・下呂温泉「花火物語」

2019年3月8日 20:00更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

岐阜県下呂市の下呂大橋下流飛騨川河畔で、3月30日(土)まで「冬の下呂温泉『花火物語』~花火の歳時記~」が開催されている。

【写真を見る】世界トップレベルの花火師による最新花火が打ち上げられる写真は主催者提供

3月30日(土)までの毎週土曜に、下呂大橋下流飛騨川河畔で花火が打ち上がる。1月5日は成人を祝う20段の打上花火を実施、2月9日は女性を応援する情熱的なバレンタイン花火など、季節やイベントに合わせてさまざまなテーマをもった花火が打ち上げられている。

3月23日(土)は山桜や枝垂れ桜を表現した桜花火を打ち上げる予定。時期に合わせた毎回異なるテーマと演出を楽しもう。

温泉街と花火の競演が美しい
写真は主催者提供

すべての画像を見る(3件)

担当者は「冬の下呂温泉は空気が澄んでいて、花火がとてもきれいです。おすすめの観覧スポットは下呂大橋下流側歩道で、近くで花火を見ることができるので、ぜひご来場いただき、きれいで迫力のある冬花火をお楽しみください」と魅力を話す。

まだまだ寒い季節だからこそ、夜空に花開く花火はより美しく、可憐な表情を見せてくれる。終了まで残りわずかなので、まだ訪れていない人はぜひ見に行こう。

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る