King & Prince神宮寺勇太、「逃げ場がなかった」映画初出演で芝居の難しさを実感

2019年5月14日 20:30更新

東京ウォーカー(全国版) 近藤加奈子

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア
花穎を演じる永瀬廉(左)と赤目を演じる神宮寺勇太(右)

花穎を演じる永瀬廉(左)と赤目を演じる神宮寺勇太(右)

すべての画像を見る(5件)

King & Princeの神宮寺勇太が、映画『うちの執事が言うことには』で映画初出演を果たす。歌に芝居に活動の場を広げる“King & Prince”メンバーの中から永瀬廉が主人公の烏丸花穎、そして大学生で企業家の赤目刻弥を神宮寺が務め、ふたりがスクリーンで共演するのが見どころのひとつだ。映画の公開を間近に控えた今、神宮寺へ映画初出演の心境を聞くとともに、「逃げ場がなかった」と芝居の難しさを実感したことや、撮影現場で目撃した永瀬の男泣きなど、映画の仕事の思い出悲喜こもごもを存分に語ってもらった。

「自分が出た作品を観るのは恥ずかしかった」、初めての映画出演で芝居の難しさを実感

『うちの執事が言うことには』は5月17日(金)公開

『うちの執事が言うことには』は5月17日(金)公開

本作の出演が決まったとき、「楽しいことが始まるなと思いました」と話す神宮寺。映画のオファーを受けた高揚感と早くクランクインしたいという前向きな気持ちから原作の小説はすぐに読み始めた。

【神宮寺勇太】「早く台本来ないかなってウズウズしちゃって、映画のお話をいただいた次の日くらいに原作を手に取っていました。原作は独特な世界観で高い人気を誇るミステリー小説なので、実写で僕が赤目を演じきれるのか、若干の不安を感じたのを覚えています」

本作の出演を振り返る神宮寺だが、初めて自身の出演作を観た際の感想を聞くと、突然言葉に詰まった後、“フッ”と一瞬微笑んでこう続ける。

【神宮寺勇太】「試写会は…はっきり言って地獄でした。そして、大画面で自分が演技している姿を観るのは想像以上に恥ずかしいんだなと勉強になりました(笑)。ひとりで観ていたならメンタル的にまだ大丈夫だと思いますが、今回は(永瀬)廉と(清原)翔くんと並んで観たんですよ。だから、どんなに恥ずかしくても逃げ場がない。おまけに静かに観なきゃいけないから、そのシーンとした空気のせいで余計に緊張しちゃいました」

現場で目撃した永瀬廉の涙に…「思わず笑っちゃった」

烏丸家の新米執事・衣更月を演じる清原翔(左)

烏丸家の新米執事・衣更月を演じる清原翔(左)

冒頭でも触れた通り、本作では神宮寺と永瀬、ブレイク中のKing & Princeのメンバー同士がスクリーンで対峙する。永瀬は以前の取材で「ジン(神宮寺)はセリフを言う前に“フッ”と笑う」と語った。この“フッ”は、神宮寺にとって親愛の証だという。

【神宮寺勇太】「あっ…! 僕、大好きな人と話すとき鼻息が荒くなるんですよ。それはたぶん赤目は花穎のことが大好きだ、って自分で思い込んでいて、それで“フッ”ってやっちゃっていました。だから、この“フッ”は花穎が可愛すぎて、愛おしすぎる想いからくる無意識の動作(笑)。そうなっちゃうくらい現場は楽しかったです」

慣れ親しんだメンバーであるからこそ、物語クライマックスのシーンでは、役に没入するため神宮寺は誰とも話さないように心がけていた。

【神宮寺勇太】「本当に大事なときだったので、クライマックスシーンの撮影の前はひとりで過ごしていました。食事をするときも食堂でぼっち飯だったし、今思えばあれは悲しかった~。切ないですよね、たくさん共演者やスタッフさんがいるのにひとりって。あのぼっち飯の瞬間はちょっと涙出そうになりました(笑)」

“涙”について話が及ぶと、永瀬の意外な姿を神宮寺は現場で見届けたと明かす。

【神宮寺勇太】「僕、今まで生で廉の泣き顔を見たことがなかったんですが、クランクアップのときに初めて涙を流しているのを近くで見て。あれは初めて見る廉の姿でした。思わず笑っちゃいましたね(笑)。その後のいじりネタにも使いました。『あれ? この間泣いていなかったっけ?』って。そしたら『うるさい!』って怒られました(笑)」

芝居の分野で木村拓哉への強い憧れ、「木村さんのアドリブ芝居を探すのが好き」

プライベートでは仕事終わりにジャニーズJr.の仲間と映画館に行くこともあるという神宮寺。最近は事務所の先輩・木村拓哉の主演作『マスカレード・ホテル』を鑑賞してきたと語る。

神宮寺は純粋に木村の演技が好きで、俳優としてもリスペクトしているという。ドラマ『BG~身辺警護人~』〈テレビ朝日系〉など、木村の作品を観ては刺激を受けてきた。インタビューでは木村への憧れを少し恥ずかしそうに語った。

【神宮寺勇太】「木村さんと僕のお父さんが同世代なんですよ。だから、木村さんを見るたびに“この人は本当にお父さんと同世代なんだろうか!?”と不思議な気持ちになります。木村さんは演技でアドリブを入れるのがすごくナチュラルで、どれがアドリブなのかがまったくわからないから、木村さんの芝居でどこがアドリブなのかを探すのが楽しみなんです」

神宮寺勇太流のKing & Princeのヴィジョン「順位や記録よりも自分が良いと思える作品を作りたい」

今月でKing & Princeのデビューから約一年。昨年発売されたデビュー曲の『シンデレラガール』は、57.7万枚を超える大ヒットを打ち立てたのも記憶に新しい。そして、本作ではKing & Princeとして主題歌『君に ありがとう』を担当する。これからもグループとして飛躍が期待されるなか、どんな目標を抱いているのだろうか。

【神宮寺勇太】「ありがたいことに昨年もCDを手に取ってくれた方がたくさんいらっしゃいましたが、すごい記録を達成してもその実感があまり沸かないんです。僕は順位以上に自分たちが素直に好きと思える作品を出して、それをいいなと思ってくれている人がいてくたら嬉しいです。もちろん獲れるなら1位を獲りたいけど(笑)、僕はそこだけを目的にしているわけではないので。音楽活動も俳優活動も順位や売り上げにこだわるだけではなく、自分達自身の成長も大切にしていきたいです」

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

特集

ページ上部へ戻る