アニメ化30周年記念!「ちびまる子ちゃん」のプラネタリウム第2弾が上映決定

2019年6月9日 8:30更新

東京ウォーカー(全国版) 篠田

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

7月20日(土)から9月1日(日)の期間、コニカミノルタプラネタリア TOKYO(有楽町)とコニカミノルタプラネタリウム“天空”in 東京スカイツリータウン(R)(押上)で、「ちびまる子ちゃん」のプラネタリウム作品第2弾「プラネタリウム ちびまる子ちゃん それでも地球はまわっている」を上映する。

アニメ化30周年記念のプラネタリウム第2弾が上映決定
C)さくらプロダクション/日本アニメーション

すべての画像を見る(6件)

同作品は「地球は回っている?それに気づいたのはだれ?」と疑問に感じたまる子が、おなじみのキャラクターたちとともに地球の不思議を探求する完全オリジナルのストーリー。30年以上にわたり愛され続ける「ちびまる子ちゃん」の世界を、プラネタリウムのドーム全体で感じながら、宇宙について学ぶことができる。また、まる子の声優、TARAKOさんによる夏の星座解説も同時上映する。

【写真を見る】池袋の姉妹館“満天”では第1弾「ちびまる子ちゃん 星にねがいを」を上映する(C)さくらプロダクション/日本アニメーション

また、池袋にある姉妹館の“満天”では7月26日(金)から9月1日(日)まで、ちびまる子ちゃんのプラネタリウム作品第1弾「プラネタリウム ちびまる子ちゃん 星にねがいを」を上映する。こちらは星占いをきっかけに星座に興味を持ったまる子たちが「黄道12星座」や「太陽系惑星」などを学んでいくオリジナルストーリーを見ることができる。

都内4箇所をめぐる「ちびまる子ちゃん 12星座のスタンプラリー」(C)さくらプロダクション/日本アニメーション

さらに、7月20日(土)から9月1日(日)まで (“満天”は7月26日(金)から開催)、プラネタリア TOKYO・“天空”を含む、都内4か所をめぐる「ちびまる子ちゃん12星座のスタンプラリー」も開催。プラネタリア TOKYO・“天空”・“満天”で「ちびまる子ちゃん」のプラネタリウム作品第1弾または第2弾を鑑賞するともらえる星座早見盤の台紙に、散りばめられた12星座のちびまる子ちゃんスタンプを集めると、オリジナルの星座早見盤を作ることができる。

楽しみながら星座について学ぶことができるので夏休みの自由研究にもおすすめ。今年の夏休みは親子でプラネタリウム観賞に出かけよう。

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

ページ上部へ戻る