都心から1時間の場所で農業体験!千葉県木更津市に今秋オープン「KURKKU FIELDS」

2019年6月16日 12:00更新

東京ウォーカー(全国版) 篠田

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

千葉県木更津市に今年の秋、新施設「KURKKU FIELDS(クルックフィールズ)」が開業予定だ。

「農業」「食」「アート」の3つのコンテンツを軸にこれからの人や社会の豊かさを提案

「農業」「食」「アート」の3つのコンテンツを軸にこれからの人や社会の豊かさを提案

東京を中心にレストランやカフェ、バー、フードストアを展開しているkurkku(クルック)が運営するKURKKU FIELDSは、都心から車で1時間程度の場所にある広大なサステナブルファーム&パーク。ここでは同社が培ってきたノウハウを「農業」「食」「アート」の3つのコンテンツを軸に提供し、これからの消費や食のあり方を提案する。

農業 / FARM

千葉県木更津市に開業するKURKKUFIELDS(クルックフィールズ)

千葉県木更津市に開業するKURKKUFIELDS(クルックフィールズ)

すべての画像を見る(7件)

同施設の要となる「農場」。ここではワークショップや収穫体験など、バラエティーに富んだプログラムを実施。 自然が持つ多様な命の魅力を身近に感じることができる。

食 / FOOD

場内で採れる野菜を使ったグルメを味わうことができる

場内で採れる野菜を使ったグルメを味わうことができる

場内で採れる四季旬菜を販売するほか、窯焼きピッツァや自家製酵母を使った焼きたてのパン、ふわふわのシフォンケーキなど農場ならではのグルメを味わうことができる。また、畑を荒らすなどやむを得ない理由で捕獲された野生のイノシシ等も大切な命としてあますことなく活用し、ソーセージなどジビエ、シャルキュトリのメニューとして提供する。

さらに、本州で唯一、水牛の飼育から手がけるできたてモッツァレラチーズの提供など、場内の食の魅力を多様なメニューを通して楽しむことができる。

アート /ART

環境と調和したアートにも注目

環境と調和したアートにも注目

LEDではなく自然光を使った草間彌生の作品をはじめ、環境と調和したアート作品を農場や敷地の中に展示。古材を利用した宿泊施設「タイニーハウス」も、アートなライフスタイルを提案する。

【写真を見る】kurkkuを立ち上げたのは日本を代表する音楽プロデューサー・小林武史

【写真を見る】kurkkuを立ち上げたのは日本を代表する音楽プロデューサー・小林武史

KURKKU FIELDSの開業に先がけて現在、同施設のコンセプトムービーと公式サイトが公開されている。気になる人は一度チェックしてみよう。

この記事の画像一覧(全7枚)

大きなサイズで見る

キーワード

ページ上部へ戻る