ARとコスプレで遊ぶ!? 静岡県森町「アクティ森」で新サービス開始

2019年8月2日 20:28更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

森町体験の里「アクティ森」で、7月下旬から新サービス「ロールプレイング トリップ in モリマチ」がスタート。

「ロールプレイング トリップ in モリマチ」のメインキャラクター「コモコモ」

「ロールプレイング トリップ in モリマチ」のメインキャラクター「コモコモ」

すべての画像を見る(5件)

「アクティ森」は静岡県西部森町の北部に位置し、陶芸、カヌー、バーベキューなどを楽しめる複合型体験施設。今夏、同施設内で開始した新サービス「ロールプレイング トリップ in モリマチ」は、スマホのARアプリを使い、森に棲むなぞきゃら「コモコモ」を探すというものだ。アプリをダウンロードし、地図に書かれたポイントでマークやモニュメントを探してスマホをかざすと、画面上に「コモコモ」が出現する。施設内ではWiFi環境が整備されているほか、参加費は無料でスマホ端末の貸出も行っているため、気軽に遊ぶことができる。さらに、施設内でレンタルしている「遊者」のコスチューム(有料)を着てロールプレイングすると、より多くの「コモコモ」に出会える。

自然あふれる施設内でマークやモニュメントを見つけると「コモコモ」に出会える。

自然あふれる施設内でマークやモニュメントを見つけると「コモコモ」に出会える。

森に潜んでいる「コモコモ」は合計9匹。平均約1時間でコンプリートでき、見事すべての「コモコモ」に出会うと、鍋敷きやコースターとして使用できる森町の木で作られた“遊者のメダル”や同町産の煎茶などのオリジナルグッズをもらえる。

ゲームをコンプリートするともらえる“遊者のメダル”

ゲームをコンプリートするともらえる“遊者のメダル”

森を歩き回ってお腹が空いたら「森のレストラン かわせみ」へ。ここでは「コモコモ」をモチーフにしたオリジナルメニューを用意。森町のブランド牛“森の姫牛”を使用したタコスミートのカレーのほか、森町産の煎茶を用いてほろ苦い本格的なお茶の風味を感じることができるタピオカドリンクなどを楽しめる。

森町産のトウモロコシや煎茶が混ぜ込まれたおにぎり

森町産のトウモロコシや煎茶が混ぜ込まれたおにぎり

今年の夏休みは家族みんなで“遊者”になって、アクティ森でたくさんの「コモコモ」と友達になろう!

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

ページ上部へ戻る