100%とんこつ不使用!一蘭の新ブランドが関西初上陸

2019年8月8日 8:00更新

関西ウォーカー 村井 貴臣

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

豚骨ラーメン店を展開する一蘭の新ブランド「100%とんこつ不使用ラーメン専門店」が関西に初上陸。ミナミのど真ん中、道頓堀に「一蘭 なんば御堂筋店」が8月8日(木)にオープンする。

新ブランドとしては東京の西新宿店に次いで2店舗目。「豚骨特有の匂いなど様々な理由で食べられなかった人にも、一蘭のラーメンを味わってほしい」との想いで、日本国内や海外からの観光客でにぎわう人気エリアに出店を果たした。

100%とんこつ不使用ラーメンとは?

スープには豚を一切使用せず、鶏をベースに多彩な食材を使用。そして、丁寧にアクを取り除きながら、素材そのものの味わいをじっくり抽出。

豚を使用していないとは思えないほど、天然とんこつスープと遜色ない重厚感のあるスープが特徴だ。

開発までにかかった年月は、なんと20年以上。長年、とんこつラーメンに情熱を注ぎ、研究してきた一蘭だからこそ実現できたスープと言っても過言ではない。

鶏を贅沢に使用した「一蘭ラーメン -100%とんこつ不使用」(1180円)/一蘭 なんば御堂筋店

鶏を贅沢に使用した「一蘭ラーメン -100%とんこつ不使用」(1180円)/一蘭 なんば御堂筋店

すべての画像を見る(7件)

味の要となる出汁をはじめ、ラーメンの材料には醤油やみりんといったアルコールは一切不使用。

チャーシューの代わりには、牛バラを特殊な製法で煮込んだ「牛弥郎(ぎゅうやろ)」を使用する。ふわふわとした食感が特徴で、とんこつ不使用ラーメンとの調和を考えた味わいに仕上がっている。

【写真を見る】一蘭が元祖として掲げる「味集中カウンター」は健在/一蘭 なんば御堂筋店

【写真を見る】一蘭が元祖として掲げる「味集中カウンター」は健在/一蘭 なんば御堂筋店

一蘭が元祖として掲げる、女性客からの支持も高い「味集中カウンター」も導入。1席1席が仕切り板で区切られていることで、周囲を一切気にすることなく、目の前の一杯に集中できるのも有難い。

100%とんこつ不使用ラーメンや、一蘭特製「赤い秘伝の粉」などお土産も充実/一蘭 なんば御堂筋店

100%とんこつ不使用ラーメンや、一蘭特製「赤い秘伝の粉」などお土産も充実/一蘭 なんば御堂筋店

「豚骨が苦手な方もこの至高の一杯を心ゆくまで味わってください!」と今村雄飛店長も自信を見せる/一蘭 なんば御堂筋店

「豚骨が苦手な方もこの至高の一杯を心ゆくまで味わってください!」と今村雄飛店長も自信を見せる/一蘭 なんば御堂筋店

「地域の方はもちろん、大阪に観光で訪れる方など多くの人に大阪の思い出として至高の一杯を心ゆくまで味わってほしいです」と話す今村雄飛店長。

一部店舗限定のラーメン(1箱5食入り)も販売しているので、自宅用やお土産として、人気店の全く新しい一杯を持ち帰ってみてはいかが。

ミナミの中心、道頓堀にオープンした「一蘭 なんば御堂筋店」/一蘭 なんば御堂筋店

ミナミの中心、道頓堀にオープンした「一蘭 なんば御堂筋店」/一蘭 なんば御堂筋店

この記事の画像一覧(全7枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る