茨城のおすすめ紅葉スポット3選!川のせせらぎに耳を傾けながら紅葉狩り

2019年9月10日 10:00更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

9月も上旬を過ぎようとし、秋の気配を感じる頃になってきた。日本の秋の風物詩といえば紅葉だ。茨城県には、印象的な紅葉のカーペットが見られるスポットや名瀑とのコントラストが楽しめるスポットなど、いくつもの紅葉スポットがある。今回はそのなかから特におすすめの紅葉名所を、3か所厳選してご紹介。<※情報は秋Walker首都圏版2019(8月8日発売)より>

花貫渓谷/見ごろ:11月中旬~下旬

つり橋から望む紅葉は圧巻の美景

つり橋から望む紅葉は圧巻の美景

すべての画像を見る(3件)

大小の淵と滝が連なる景勝地。小滝沢キャンプ場から汐見滝つり橋付近は特に紅葉が見事で、橋に突き出たモミジの落ち葉が積もり、橋をカーペット状に埋める。眼下を望むと、花貫川の清流に沿って美しい紅葉の情景が広がる。周辺では、江戸時代の旧宅・穂積家住宅や、県内屈指の霊山である御岩神社などにも立ち寄りたい。

■住所:茨城県高萩市中戸川大能地区 時間:9:00~16:00(売店出店時間) 休み:期間中なし 料金:無料 ライトアップ期間:11月中旬(予定)

花園渓谷/見ごろ:11月上旬~下旬

【写真】渓谷を真っ赤に彩る一面の美麗なヤマモミジ

【写真】渓谷を真っ赤に彩る一面の美麗なヤマモミジ

坂上田村麻呂が創建したという花園神社から、奥の院まで川沿いに続く自然公園。花園川沿いを散策しながら望めるヤマモミジやカエデの紅葉が見事だ。川をはさみ徒歩約1時間の道沿いを散策すると、モミジやカエデなどの紅葉を満喫できる。期間は未定だがライトアップも行われる予定だ。

■住所:茨城県北茨城市華川町花園 時間:見学自由 休み:なし 料金:無料

袋田の滝/見ごろ:11月上旬~中旬

西行法師もたたえた日本屈指の名瀑

西行法師もたたえた日本屈指の名瀑

日本三名瀑の一つで、4段に落下することから「四度の滝」とも呼ばれる。四季折々に姿を変えるが、紅葉の美しさは西行法師もたたえたほど有名。秋から冬にかけてライトアップを実施。紅葉や冬の「氷瀑」など、幻想的な風景は必見だ。

■住所:茨城県久慈郡大子町袋田 時間:8:00~18:00(11月~4月は9:00~17:00) 休み:なし 料金:大人300円、小・中学生150円 ライトアップ期間:11月1日(金)~1月31日(金)

圧巻の美景から望む紅葉が印象的な茨城県内の紅葉。11月上旬から見ごろのスポットもあるので、あらかじめ計画を立てて紅葉狩りに行こう。

この記事で紹介しているイベント

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る