秋の訪れを感じられる「オータムフラワーフェスタ」が群馬県の東武トレジャーガーデンで開催

2019年9月17日 15:05更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

群馬県館林市の東武トレジャーガーデンで、9月27日(金)から10月27日(日)まで「オータムフラワーフェスタ」が開催される。

秋に見ごろを迎える花々が楽しめる

秋に見ごろを迎える花々が楽しめる
写真は主催者提供

すべての画像を見る(2件)

豊かな自然環境と歴史ある館林の地に、4000種100万株の花々が咲き誇る東武トレジャーガーデン。中でも、秋に見頃を迎える花の競演を楽しめるイベントが「オータムフラワーフェスタ」だ。園内には色とりどりの秋バラやコキア、キバナコスモスが一面に咲き誇り、秋の訪れを感じられる。

レンガ造りのエントランスをはじめ、園内一角には、英国の気品あふれる聖ペテロ&パウロ教会などもあり、まるで外国に来たかのような景色が楽しめる。

【写真を見る】可憐な花々が園内を彩る

【写真を見る】可憐な花々が園内を彩る写真は主催者提供

担当者は「当園では1500種3000株のバラをメインに、季節によって計4000種100万株の様々な花が咲き誇ります。穏やかな秋の季節に、ぜひ当園で秋バラと色とりどりの花を巡る旅をしてみませんか?」と来場を呼びかける。

異国情緒あふれるガーデンで、今しか見られない季節の花を思う存分堪能しよう。

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る