JR西日本とアジア最大級予約体験サイトKlookが、訪日向けセット商品を販売

2019年9月19日 17:01更新

関西ウォーカー 中村千里

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

 アジア最級大の旅行体験予約プラットフォームを持つKLOOK(クルック)と、JR西日本が連携し、訪日外国人向けのキャンペーン商品を発売すると9月12日(木)、JR西日本の室本部長、KLOOKの林照圍(イーサン・リン)CEOから発表があった。

今後も西日本エリアの認知度向上と誘客拡大を図る

今後も西日本エリアの認知度向上と誘客拡大を図る

2社が連携して、9月12日(木)から12月31日(火)まで「Explore WestJapan」としてキャンペーン期間限定でお得な価格で観光セット商品を発売する。また東南アジアの有名インフルエンサーや各種SNS、アジア各国で開催される旅行イベントでの告知なども予定し、東南アジアを中心とした訪日外国人へ向けて、西日本エリアの認知度向上と誘客拡大を目指す。

JR西日本とKLOOKの連携商品について発表する、JR西日本の室本部長

JR西日本とKLOOKの連携商品について発表する、JR西日本の室本部長

すべての画像を見る(4件)

この商品は、電子チケット方式のJR-WEST RAIL PASS(関西エリアパス、関西ワイドエリアパス、関西広島エリアパスなど)、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン 1デイ・スタジオ・パス、あべのハルカス展望台入場券と、西日本エリアの各観光素材をセットにしたもので、西日本エリアと関西有名観光地を網羅し、それぞれ別に購入するより10%お得になるもの。まずは10種類を販売し、今後さらに多くの商品を販売する予定。

アジア最大級の旅行体験予約サイトとアプリを運営するKLOOKの、林照圍(イーサン・リン)CEO

アジア最大級の旅行体験予約サイトとアプリを運営するKLOOKの、林照圍(イーサン・リン)CEO

JR西日本は2019年5月より、インバウンド向け商品「JR-WEST RAIL PASS」の電子チケット化を始めた。利便性を向上するとともに、訪日客のニーズにあった観光素材の整備を進め、オンラインでの販売促進を図っている。またKLOOKは年設立わずか4年で、Googleで最も検索された旅行商品を扱う旅行先体験予約プラットフォームとなった。世界180か国の人気アトラクションやツアー、移動サービス、グルメ、特別な体験などをWEBサイトやアプリから検索、予約がいつでもできるというもので、QRコードつきのEバウチャーを見せるだけで利用できるという手軽なもの。350か所以上の旅行先に、10万以上の商品ラインナップがある。

質疑応答でこの連携についての狙いを語る

質疑応答でこの連携についての狙いを語る

現在販売の商品は、京都エリアでは、鉄道車両の展示や、新幹線を自分で運転できるシュミレーター体験、食堂車で食事が出来るなど家族で楽しめる「京都鉄道博物館」入館券、時代劇撮影用の江戸の町並みを楽しめる「東映太秦映画村」の入場券、京町家の木造建築を改修したキャビンスタイルのホテル「ファーストキャビン St.京都梅小路 RYOKAN」の宿泊とのセット商品がある。

ほかに兵庫エリアでは、淡路島公園内にある大人気忍者アニメ「NARUTO -ナルト-」の世界観を体験できる「NARUTO & BORUTO忍里」が2019年春にオープンした、アニメパーク「ニジゲンノモリ」入場券と高速バスセット券が。岡山エリアではバスでの小豆島島内観光と5月1日に就航したばかりの「OLYMPIA DREAM SETO」のクルーズが付く「瀬戸内海に浮かぶフォトジェニックな小豆島 日帰りツアー」とのセット商品。

また広島エリアでは、世界遺産「原爆ドーム」と「宮島」を巡る「広島世界遺産定期観光バス(昼食・ガイド付き) 原爆ドーム・厳島神社を巡る1日観光コース」や、ウサギの島として世界的な人気スポット「大久野島」も巡る「広島駅発 竹原・大久野島定期観光バス(日帰りツアー)」などがある。

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る