行燈が照らす夜の郷愁 岐阜県中津川市でライトアップイベント開催

2019年10月15日 13:24更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

岐阜県中津川市の馬籠宿で、11月8日(金)から23日(土)までの金曜と土曜に「中山道馬籠宿場まつり あかり街道・島田公園ライトアップ」が開催される。

どこか懐かしさを感じる馬籠

どこか懐かしさを感じる馬籠
写真は主催者提供

すべての画像を見る(2件)

馬籠宿の街道沿いに行燈を並べ明かりを灯す「あかり街道」が、金曜土曜の夜限定で実施される。一部店舗は夜間延長営業も行い、馬籠宿の夜の郷愁を味わいつつ、夜散策が楽しめる。

【写真を見る】美しくライトアップされた町を見に行こう

【写真を見る】美しくライトアップされた町を見に行こう写真は主催者提供

担当者は「江戸から明治へと、時代の流れを変えることになった皇女和宮降嫁行列と、暗闇の中山道を灯すあかり街道と折坂川(島田川)の紅葉ライトアップが、ノスタルジーな世界を作ります。紅葉の下、恋が実るベンチに腰掛けて観て下さい」と魅力を話す。

どこかふるさとを感じる馬籠に明かりが灯る「あかり街道・島田公園ライトアップ」、ぜひこの機会に訪れよう。

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る