色彩あふれる万華鏡の世界!鹿児島県鹿児島市で「天文館ミリオネーション2020」開催

2019年11月26日 15:13更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

南九州最大の繁華街「天文館」を約100万球のLED電球で彩る大規模なイルミネーション「天文館ミリオネーション2020」が、12月20日(金)~2020年1月31日(金) まで、天文館公園・清滝のこみち・文化通り・銀座通りで連日開催される。

カラフルできらびやかなカラーパレットスクエアの「カレイドトンネル」

カラフルできらびやかなカラーパレットスクエアの「カレイドトンネル」
写真は主催者提供

すべての画像を見る(2件)

色とりどりのイルミネーションを巧みに使い、色彩豊かな空間を演出するイベント。今回のテーマは「光の万華鏡」で、まるで万華鏡を覗いているかのような色彩あふれる世界が天文館に作り出される。

メイン会場の天文館公園では、センターに万華鏡をイメージした「カレイドドーム」が出現するほか、光のトンネルを駆け抜ける「ファンタスティックトレイン」(有料)では特別なひと時を過ごすことができる。

【写真を見る】メイン会場「カレイドスコープ」と中央の「カレイドドーム」

【写真を見る】メイン会場「カレイドスコープ」と中央の「カレイドドーム」写真は主催者提供

12月20日(金)17時30分からは天文館公園で点灯式イベントが行われ、ミリオネーションのスタートを盛り上げる。12月24日(火)、25日(水)には点灯時間延長が実施される予定。また、各種週末イベントなども予定されている。

まばゆい光が織りなす「天文館ミリオネーション2020」に出かけて、幻想的な万華鏡の空間を体感しよう。

この記事で紹介しているイベント

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る