鈴木京香、仲間由紀恵、満島ひかりなどドラマアウォード授賞式に美人女優が集結

2011年10月24日 20:11更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

10月24日(月)、東京・六本木ヒルズで開催された「東京ドラマアウォード2011」には、鈴木京香さん、仲間由紀恵さん、満島ひかりさんら美人女優が集結! それぞれが華やかなドレス姿で登場し、会場を盛り上げた。

今年で4回目となる同コンテストは、作品の質の高さだけではなく、市場性・商業性にもスポットを当て、「世界に見せたい日本のドラマ」をコンセプトに、世界水準で海外に売れる可能性が高い優秀なテレビドラマを表彰するもの。授賞式には、主演女優賞に輝いた「マルモのおきて」主演の芦田愛菜ちゃん、「セカンドバージン」主演の鈴木京香さん、「モテキ」「さよならぼくたちのようちえん」で助演女優賞に選出された満島ひかりさん、「99年の愛JAPANESE AMERICANS」で作品賞単発ドラマ部門グランプリを獲得した仲間由紀恵さんら、華やかな女優陣が登場。授賞式ではそれぞれが喜びを語った。

ドラマでは危険な恋に溺れるキャリアウーマンを演じた鈴木さんは、会場にシックなバイカラーのドレス姿で現れ、この日も色気ムンムン。「この役については周りの女性からも反響があったんですよ」と微笑み、「昨年の今頃、熱い思いでスタッフたちが撮ってくださいました。この受賞はスタッフのおかげです」と謙虚にトロフィーを受け取った。

また、「モテキ」「さよならぼくたちのようちえん」の両作品で助演女優賞を獲得した満島さんは、セットしたアップヘアとシンプルなブラックドレスで大女優の風格。「両作品とも、現代のリアリティを描いているところが共通点だと思います」と、2つの出演作についてわかりやすくまとめ、紹介していた。

さらに仲間さんもブラックドレスで登場したが、ウエストをベルトでマークしてトレンド感のある雰囲気に。小さな愛菜ちゃんはピンクのドレスを着こなし、プリンセスのような存在感で華を添えた。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全16枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る