9億円超えのバブリーなツリーも!死ぬまでに見たい世界のXmasツリー10選

2013年12月19日 9:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

街のイルミネーションもきらびやかになり、クリスマスまで残すところあと一週間。現在、「トリップアドバイザー・バケットリスト」では、世界中にある豪華、異色、世界一!なクリスマスツリーをピックアップして紹介しているので、クリスマスデートの参考にしては?

死ぬまでに一度は訪れてみたい世界の観光スポットをテーマごとにまとめて紹介するトリップアドバイザー・バケットリストでは今回、「死ぬまでに見たい 世界のクリスマスツリー 10選」を紹介。伝統あるクリスマスツリーからLEGOでできたツリー、総額9億円超えのバブリーなツリーまで、旅行者から投稿された豊富な写真と共に掲載している。

【死ぬまでに見たい 世界のクリスマスツリーその1】「ロックフェラーセンター」ニューヨーク/アメリカ

ニューヨークのロックフェラーセンターに毎年設置される巨大なクリスマスツリー。年末に行われる点灯式は1933年から続く伝統行事で、有名アーティストなども参加する華やかな内容となっている。

【死ぬまでに見たい 世界のクリスマスツリーその2】「ホワイトハウス」ワシントンD.C./アメリカ

米ワシントンD.C.のホワイトハウスに飾られるクリスマスツリー。周囲には米国37ヶ州のボランティアが設置した37本のツリーも並んでいる。

【死ぬまでに見たい 世界のクリスマスツリーその3】「ギャラリー・ラファイエット百貨店」パリ/フランス

パリの有名百貨店ギャラリー・ラファイエットに設置される全長21メートルを誇るクリスマスツリー。イルミネーションや数多くの光り輝くスワロフスキーによって彩られたツリーやなど、とにかくゴージャス。

【死ぬまでに見たい 世界のクリスマスツリーその4】「クイーンビクトリアビルディング」シドニー/オーストラリア

シドニーの中心にあるショッピングモールにある、3階までの吹き抜けに設置されている名物巨大クリスマスツリー。14万4千個のスワロフスキークリスタルと6万個のライトでデコレーションされている。

【死ぬまでに見たい 世界のクリスマスツリーその5】「マリーナベイサンズ」シンガポール

ホテルやカジノ、ショッピングモールなどを併設した巨大複合施設マリーナベイ・サンズのエントランスに飾られる巨大クリスマスツリー。アジアを代表するホットな観光名所に見合う豪華さ。

【死ぬまでに見たい 世界のクリスマスツリーその6】「セントパンクラス駅」ロンドン/イギリス

ハリーポッターに登場したことで有名なセント・パンクラス駅には、60万666個のレゴで作られたツリーがある。172の枝には、1200個のレゴの飾りボールが吊るされている。

【死ぬまでに見たい 世界のクリスマスツリーその7】「エミレーツパレス アブダビ」アブダビ/アラブ首長国連邦

アブダビの高級ホテル「エミレーツ・パレス・ホテル」にある世界最高額のクリスマスツリー。ゴールドやルビー、サファイア、ダイヤモンドなど様々な宝石で飾り付けされ、その総額は約1100万ドル(約9億2000万円)以上!

【死ぬまでに見たい 世界のクリスマスツリーその8】「グッビオの山」グッビオ/イタリア

ギネスブックにも認められている「世界最大」として知られるイタリアのグッビオのツリー。町を見下ろす山の斜面に400個の大型電飾を使って描かれており、その大きさは縦750メートル、横幅は最大450メートル。

【死ぬまでに見たい 世界のクリスマスツリーその9】「リスボン市庁舎前」リスボン/ポルトガル

リスボン市庁舎前にある全高76m巨大なクリスマスツリー。クリスマスの装飾は1月6日の王様の日まで飾られるため、年末年始にポルトガルを訪れてもみることができる。

【死ぬまでに見たい 世界のクリスマスツリーその10】「ユニバーサルスタジオジャパン」大阪/日本

ユニバーサルスタジオジャパンにある、35万6097個の電飾で彩られたクリスマスツリー。2年連続、電飾の最多数として世界一の輝きを持つツリーとしてギネスに認定された。

クリスマスまでの一週間で海外旅行を計画するのは難しいかもしれないが、大阪の「ユニバーサルスタジオジャパン」ならデートにもぴったりかも!?旅行者からは「ツリーがとても綺麗で感動しました」という声も寄せられているので、気になる人は是非、足を運んでみては?【Walkerplus】

この記事の画像一覧(全10枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る