「KFC鶏から亭」から暑さに負けない焼けつくような辛さの“特製鶏から”「赤辛」が登場

2014年6月10日 19:27更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ケンタッキー・フライド・チキンの「KFC鶏から亭」は、6月25日(水)に辛口の“特製鶏から”「赤辛」(100g 278円)を発売する。「KFC鶏から亭」はケンタッキー・フライド・チキンが展開する鶏のから揚げメニューを中心とした持ち帰り専門店。現在、東京・ダイエー碑文谷店、梅屋敷店、戸越銀座店、神奈川・アピタ日吉店の4店舗を展開している。

今回発売される新商品「赤辛」は、ケンタッキー・フライド・チキンの夏の定番「レッドホットチキン」の味を、さらに鶏から亭向けにアレンジ。焼けつくような辛さと香ばしさが特徴のレッドペッパーと、香り豊かでまろやかな辛さが特徴のホワイトペッパーを合わせ、やみつきになる辛さとチキンの深い旨味が味わうことができる。

他に、「KFC鶏から亭」で販売するメニューでは、「オリジナルチキン」と同じ味付けの「秘伝スパイス」をはじめ、ニンニクを効かせた王道の「醤油」、コショウの香りと衣の食感が楽しい「胡椒あられ」、今回新発売の「赤辛」を含めた4種類の味が楽しめる。

また、「KFC鶏から亭」では6月10日(火)から、お弁当メニューとして「鶏から てりやき丼」(650円)と「鶏から 南蛮丼」(650円)を発売する。「鶏から てりやき丼」は、ご飯の上に錦糸卵を置き、醤油をベースに唐辛子と和ダシを効かせた“特製てりやきのタレ”をからめた“特製鶏から”の丼メニュー。一方、「鶏から 南蛮丼」は、ご飯の上に錦糸卵、“特製鶏から”を載せて“特製南蛮ダレ”をかけ、さらに食べる直前にタルタルソースをかけることで、コクのある甘さが特徴の南蛮ダレとタルタルソースの酸味が“特製鶏から”の旨味を引きだす丼メニューとなっている。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る