大人AKB48、塚本まり子が卒業を発表! 「もうやり残した事はありません」

2014年7月16日 4:09更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

江崎グリコ「パピコ」は、大人AKB48の塚本まり子と、AKB48のメンバー(渡辺麻友、島崎遥香、川栄李奈、小嶋真子、大和田南那)を起用した新CM「パピコ 大人AKB48卒業」編(15 秒、30 秒)を、7月21日(月・祝)から全国でオンエアする。

“パピコを大人にもっと楽しんでもらいたい”という思いから、同社は30歳以上の女性を対象に、期間限定(2014年8月31日まで)の新メンバー、大人AKB48を募集するオーディションを、2014年春キャンペーンの一環として開催した。応募総数5000人以上の中から選ばれたのは、37歳(2014年7月16日で38歳)で2児の母である、専業主婦の塚本まり子。AKB48のメンバーと共にCMキャラクターに起用された彼女は、「大人になってもAKB48。大人になってもパピコ。」というメッセージを発信している。

新CM「パピコ 大人AKB48卒業」編の舞台は、塚本さんがセンターを務めるAKB48劇場のライブステージ。MCの途中、マイクとパピコを持った塚本が突然、「私の人生はAKB48そのもの」「もうやり残した事はありません」と切り出し、驚くメンバーやファンの前で堂々と“卒業”の二文字を口にするシーンが、ドキュメントタッチの映像で描かれている。「大人AKB48」として、怒涛の日々を過ごしてきた塚本が語る惜別のスピーチと、お互いに支え合い、共に歩んできたメンバーたちとのやり取りは、同CMの一番の見どころ。いよいよ完結の時を迎える、笑いあり、涙あり、サプライズありの感動シンデレラストーリーに期待したい。

ちなみに、塚本はガチガチに緊張していた前回の撮影とは打って変わって、落ち着いた様子で現場入り。顔なじみになった監督やスタッフと挨拶を交わし、持ち前の癒し系の笑顔を振りまいていたという。そして、渡辺や他のメンバーから「大丈夫!」「まりりなら出来る!」などと声を掛けられると、「ありがとう」とニッコリ笑顔に。すっかり肩の力が抜け、とてもリラックスした表情で本番のステージに向かったそうだ。 【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全7枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

特集

ページ上部へ戻る