あのキャッツ・シアターが11月、みなとみらいに誕生!

2009年5月4日 5:40更新

横浜ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

劇団四季の大人気ミュージカル「キャッツ」が、5/3、東京公演の千秋楽を迎えた。東京公演終了を惜しむ来場者たちは、外観はもちろんのこと、ロビーに飾られたキャッツたちの肖像画も熱心に撮影。各々の”メモリー”となる1枚を心に刻み付けていたように思われる。

04年から始まったこの公演は4年6か月の間に公演回数1563回、総入場者数177万人! 初演からの通算公演回数は7308回、総入場者数は750万人以上と、日本演劇史上最多記録を更新中だ。この記録を更新する新たなスポットが横浜・みなとみらい。09年11月、「横浜キャッツ・シアター」が新設され、横浜でのロングラン公演が始まることになる。東京公演同様、舞台前方の数列が開演と同時にゆっくりと回転する”回転席”が横浜のシアターでも登場するのもうれしい。

「キャッツ」横浜公演は、横浜開港150周年記念事業の一つとして実施。開幕日、チケット発売日程など詳細はまたわかり次第お知らせするので、お楽しみに!【横浜ウォーカー】

この記事の画像一覧(全1枚)

大きなサイズで見る

キーワード

ページ上部へ戻る