没後90年記念 児島虎次郎-もうひとつの眼

開催中

2020年4月4日(土)~8月23日(日)
※月曜(ただし、8/10は開館し翌日休)

開催時間
9:30~17:00 最終入館16:30
  • 止宿先オテル・シュヴィヨンの自室で鏡に向かう虎次郎自写像

画家・児島虎次郎が写した風景や人々の姿を観覧できる

高梁市成羽美術館が顕彰する洋画家、児島虎次郎が撮影した写真を紹介。虎次郎は20世紀初頭、絵画修行のため約5年間ヨーロッパに留学し、フランスやベルギーを中心に滞在。その後も二度にわたり渡欧し、ヨーロッパ各地からエジプトまで足を延ばしている。その間に虎次郎は、各地の風物や交流のあった人々を写真に収めており、それは今日まで遺族によって保管されてきた。これらの写真は、約100年の歳月を経て今では大変貴重な資料となっている。本展では、写真約100点および虎次郎が送った絵はがきや関連のある絵画作品などを一堂に展示。画家である児島虎次郎のもうひとつの眼(=カメラを通したまなざし)を顕彰する。

[公式ホームページなど、没後90年記念 児島虎次郎-もうひとつの眼の詳しいイベント情報を見る]
開催場所
岡山県の天気
本日24℃20℃
明日29℃21℃

※開催予定のイベントが延期、中止になっている場合があります。おでかけの際は、事前にご確認ください。

※イベントの開催情報や植物の開花・見頃期間、施設の営業時間等は変更になる場合があります。

※表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。詳細につきましては、施設および店舗・主催者および運営者へお問い合わせをお願いします。

没後90年記念 児島虎次郎-もうひとつの眼の関連記事

タグ・カテゴリ

【本日開催イベント】岡山県 × 美術展・博物展

岡山県イベントランキング

エリアやカテゴリで絞り込む

エリア
季節のイベント
祭り
食べる・買う
文化・芸術・スポーツ
趣味・生活
その他
条件
施設条件
タグ
目的別

ページ上部へ戻る