とびっきりのそとあそび体験を紹介!

2019年10月28日更新

とびっきりのそとあそび体験を紹介!

近年、話題のアウトドア・アクティビティ。あまたある中からどれを選ぶべきか、迷ってしまう方も少なくないはず。そこで、国内最大級のアウトドア・レジャー専門の予約サイト「SOTOASOBI(そとあそび)」との共同企画として、現地の深掘り取材を繰り返すナビゲーターに“とっておきのアクティビティ”を教えてもらう企画を用意しました。

本物のクジラに会える!クジラ大好き“清さん”と行くホエールウォッチングに夢中!

本物のクジラに会える!クジラ大好き“清さん”と行くホエールウォッチングに夢中!

SOTOASOBIナビゲーター・木村雄志さんの“とっておき”。「ホエールウォッチングは慶良間諸島で人気を集めるアクティビティのひとつ。30年ほど前から、春が近づくと慶良間諸島近海にザトウクジラの群れが現れるようになり、その数はツアー期間中を通じて300頭以上にも及ぶそう。“ブリーチ”と呼ばれる迫力のジャンプシーンやメスがオスを追いかけ回す“メイティング”という求愛行動、さらには子供とのんびり遊ぶ親子の姿など、クジラのありのままの姿を船上から鑑賞できるのが大きな魅力で、僕自身かなりハマっています」

3歳からできるって知ってた?湘南の大空をパラグライダーで飛ぶピーターパン体験!

3歳からできるって知ってた?湘南の大空をパラグライダーで飛ぶピーターパン体験!

SOTOASOBIナビゲーター・宮下典子さんの“とっておき”。「鳥のように自由に空を飛んでみたい!――子供のころにそんな夢を抱いたこと、あなたはありませんか?」

「クレイジー・ケン」さんと吉野川をとことん遊びつくす大興奮のラフティング&TATAMI!…で、TATAMIってなに?

「クレイジー・ケン」さんと吉野川をとことん遊びつくす大興奮のラフティング&TATAMI!…で、TATAMIってなに?

SOTOASOBIナビゲーター・林創さんの“とっておき”。「ラフティングの醍醐味を存分に満喫したいのであれば迷わず四国・徳島をおすすめします。なぜなら、利根川(関東)、筑後川(九州)と並ぶ“日本三大暴れ川”のひとつとして知られる吉野川のラフティングツアーは格別だから!」

マリンアクティビティにBBQ、夕日や夜空観察まで!頼れる兄ちゃん“亮さん”と一緒に伊良部島を全力で遊び尽くそう

マリンアクティビティにBBQ、夕日や夜空観察まで!頼れる兄ちゃん“亮さん”と一緒に伊良部島を全力で遊び尽くそう

SOTOASOBIナビゲーター・染谷遥さんの“とっておき”。2年で約150件のツアーを取材してきたそとあそび女子がすすめる伊良部島。10月末まで海のアクティビティがたっぷり楽しめるから、夏休みを取れなかった人にも!

元テレビ報道マンの僕が、女の子を誘うなら迷わず「座間味島でシーカヤックしよう!」と断言する理由

元テレビ報道マンの僕が、女の子を誘うなら迷わず「座間味島でシーカヤックしよう!」と断言する理由

SOTOASOBIナビゲーター・近澤清志さんの“とっておき”。「『もし、そとあそびビギナーの彼女を誘って行くならどこへ行く?』と聞かれたら、自信をもっておすすめするのが、沖縄の座間味島でのシーカヤック体験です。中でも『ケラマカヤックセンター(通称ケラカヤ)』さん主催の『座間味島 シーカヤック半日ツアー』は、休みが取れたら、すぐにでも彼女を誘って参加したいとびっきりのツアーです」

そとあそび女子が夢中になった沖永良部島洞窟探検。美しすぎる天然の「リムストーンプール」で最高の癒し体験!

そとあそび女子が夢中になった沖永良部島洞窟探検。美しすぎる天然の「リムストーンプール」で最高の癒し体験!

SOTOASOBIナビゲーター・越川理沙さんの“とっておき”。「『沖永良部島ってご存知ですか?沖縄本島と奄美大島の間に位置する島で、西郷隆盛の流刑地としてNHK大河ドラマ『西郷どん』のロケ地になった島です。正直なところ私は取材に行くまで知らなかったのですが、『なんで今までノーマークだったんだろう!!!』と、ナビゲーターで一二を争う“島好き”の私が悶絶するほど、素晴らしい島だったんです」

かつての日本最大の海賊 “村上水軍”の末裔と冒険の船旅へ出よう。風情ある街なみと瀬戸内海を味わえる体験、あります!

かつての日本最大の海賊 “村上水軍”の末裔と冒険の船旅へ出よう。風情ある街なみと瀬戸内海を味わえる体験、あります!

SOTOASOBIナビゲーター・塚本竜次さんの“とっておき”。「これまで数え切れないほどのアクティビティを体験してきましたが、その中でも取材時の興奮と感動が鮮明に残っているのが、瀬戸内海でのシーカヤックツアー!…と、前回の近澤とまさかのシーカヤック被りなわけですが、それでも猛烈にオススメしたい魅力が瀬戸内海にはあるんです」

ページ上部へ戻る