新型コロナの影響で売上が激減!大阪土産店を経営する社長に聞いた“大阪のこれから”

2020年6月10日 20:34更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

新型コロナウイルスの感染拡大で大阪に訪れる観光客が激減。大阪ミナミで大阪土産専門店「なにわ名物 いちびり庵」や、フルーツパーラー「TARO’s PARLOR」を運営する「せのや」の福岡武志社長に現在の状況などを聞いた。
 

新型コロナウイルスの影響について大阪土産店「いちびり庵」などを経営する、(株)せのやの福岡武志社長

緊急事態宣言が発令された4月7日の前から臨時休業してしいた「TARO’s PARLOR」が5月23日、「なにわ名物 いちびり庵」が6月1日に、それぞれ営業を再開した。
 

【写真】自粛していた、大阪を代表するキャラクター「くいだおれ太郎」は6月1日に復帰。フルーツパーラー「TARO’s PARLOR」のすぐ近くに立っている

ーー臨時休業する前に様子は?

道頓堀にほとんどお客さんが来なかった。戎橋とか心斎橋はアーケードがあるので、それなりの人通りがあったけど、こっちには全然こなくなっていた。

午後でも人通りが少ない道頓堀(5月26日撮影)


フルーツパーラー「TARO’s PARLOR」

ーー新型コロナの影響は?

2月末からインバウンドのお客さんが激減したが、でもその時は国内のお客さんが多くて、そんなに影響を受けていなかった。それから日に日に人が少なくなってきて、前年比で2割ぐらいまで落ち込んだ。それで4月に入って自粛するようになった。
 

「TARO’s PARLOR」のプレミアムストロベリー

ーーこれからは?

「TARO’s PARLOR」は、新しい生活様式になって、どのような購買活動されるのかリサーチも兼ねて一足先に開けたが、売り上げは前年比で2割ぐらい。人通りさえ戻ってくれれば、この業態が喜んで頂ける自信がある。夏に向けての新メニューの開発とか、今の間にやれることを用意しようと思っている。
 

「TARO’s PARLOR」のミルクたっぷりミックスジュース

ーー「TARO’s PARLOR」の人気商品は?

ミックスジュースや、一番人気のキャンディフルーツ。特にキャンディフルーツのイチゴが大人気です。道頓堀から新しいスイーツを作りたいと始めて、お客さんに認知され始めたところだったので、コロナ明けでお客さんが戻ってくれば、道頓堀名物として贔屓にしてもらえれば。
 

大阪土産専門店「なにわ名物 いちびり庵」

ーー「いちびり庵」は?

観光で来る大阪府外のお客様向けの商品が多かったが、地元の方に日常使いで、なんば土産になるような大阪のええもんを強化して、大阪府民の方に大阪再発見につながるような店にしていきたい。

「いちびり庵」で人気の吉村洋文グッズ

なお、いちびり庵では、6月1日の再開と同時に吉村洋文大阪府知事のキーホルダー、Tシャツなどのグッズを発売しており、SNSで話題になっている。

この記事の画像一覧(全8枚)

キーワード

ページ上部へ戻る