「グランスタ東京」がいよいよオープン!66の店舗が集結し、エキナカがひとつの“街”になる

2020年8月3日 15:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2020年8月3日、東京駅に「グランスタ東京」がオープンした。JR東日本最大規模のエキナカ商業施設として、東京駅北通路に新たに66店舗が出店。既存の87店舗とあわせ、153店舗、約1万1300平方メートルの超広大なエキナカ空間が誕生する。東京駅の利用者のさまざまなニーズに応え、駅機能がより充実した新スポットを徹底レポート!

日本の“ヒト・モノ・コト”を結び付け、さまざまな情報を発信

吹抜空間の「スクエア ゼロ」。約6.9メートルの3本のデジタルサイネージには、日本の風景などが映し出される

まず注目したいのは、グランスタ東京のオープンにあわせて誕生した、高さ約6.9メートルの3本のデジタルサイネージ「モノリス」を中心とした吹抜空間「スクエア ゼロ」。東京駅初のイベントスペースや、待ち合わせスポットとしても活用できるエキナカ新広場で、開放的な空間が広がっている。

ゼロキロポストのレプリカを掲げる、株式会社鉄道会館 代表取締役社長 平野邦彦さん

「グランスタ東京の真上には0(ゼロ)キロポストがあり、鉄道の起点である東京駅から全国に鉄道が走っています。そして、鉄道と同様にここから日本、あるいは世界に向けていろいろな情報を発信していきたい」と株式会社鉄道会館の代表取締役社長 平野邦彦さんが語るように、日本の“ヒト・モノ・コト”を結び付け、さまざまな情報を発信する東京駅にふさわしいスポットとなっている。

グランスタ地下北口

さらに、北地下自由通路に直結する新しいIC専用改札口「グランスタ地下北口」を新設。地下エリアからホームに直結するエレベーターも3基設置され、バリアフリーを取り入れたスムーズな移動が可能となった。通路には、東京の伝統工芸「江戸切子」や「東京七宝」、「江戸暖簾(のれん)」などのデザインを取り入れている。洗練された伝統美で東京・江戸の魅力を伝えているので、歩きながらその雰囲気に触れてみて。

鉄道の起点となるゼロキロポスト


東京駅の“新しい”がいっぱい詰まった「グランスタ東京」

より進化したエキナカレストランをはじめ、東京駅ならではのスイーツやデリ、グッズなどを販売する店舗が新たに66店舗登場。「TRY NEW TOKYO ST.(トライニュートーキョーステーション)」をコンセプトとした初の試みとなる新業態店舗や、エキナカ初出店の人気店など、ワクワクする内容が盛りだくさん!

今回のプロジェクトの解説をする、株式会社鉄道会館 営業本部 マーケット開発グループ 新井裕之さん

「目指す姿は、“東京駅が駅を超える”、です」と教えてくれたのは、株式会社鉄道会館 営業本部 マーケット開発グループの新井裕之さん。「東京駅から今までのエキナカシーンを変える。これを実現しようと開発を進めてまいりました。ここは駅なのか?はたまた街なのか?長い時間を過ごせる、休みの日でも行きたくなる、そんな“目的地”となる場所を目指しています」とビジョンを語った。新たな出会いや発見を創出し、これまでにないエキナカの魅力が楽しめ、体験できる場所。そんなグランスタ東京に集結した店舗を紹介!

全国の朝獲れ魚介を東京駅にスピード直送!「海鮮居酒屋 羽田市場」

名物の「天然まぐろ丼」(税込1380円)。半分はマグロとワサビと海苔をご飯の上にのせ、ゴマだれをかけて。もう半分は、マグロと海苔をのせてゴマだれをかけた後に、だし汁をたっぷりと

新幹線やJR高速バスを利用した高速輸送と飛行機による空輸で、東京駅にいながら朝獲れの新鮮な魚介類を味わうことができる海鮮居酒屋。魚介類はALL国産にこだわり、日本の漁業を応援している。

古き良き時代の食堂車が東京駅に蘇る「STATION RESTAURANT THE CENTRAL」

後部車両のロビーカーをイメージした、レストランのシンボル

食堂車をイメージした優雅な空間。荷物棚も再現されていて、実際に荷物も置ける!

ノスタルジックなイメージの車両サイド。窓越しから食堂車の雰囲気を堪能

テイクアウトにも対応し、新幹線でも家でも本格的な味が楽しめる

カシオペアの元シェフが腕を振るう「セントラル風ハンバーグステーキ」(税込2000円)

レトロで優雅な雰囲気の食堂車を模した洋食レストランが、「スクエア ゼロ」の横に登場! カシオペアや北斗星で活躍した五十嵐章シェフが腕を振るう、食堂車伝統の味を受け継いだ一皿が楽しめる。

東京駅で作られた日本酒が味わえる「はせがわ酒店 グランスタ東京店」

エキナカに醸造タンクを設置する「はせがわ酒店 グランスタ東京店」

厳選した日本酒をはじめ、焼酎や和のリキュールなど多彩なラインナップが魅力

アルコールだけでなく肴や酒器も販売される

日本初となるエキナカの醸造所を完備。テイスティングバーで日本酒を楽しんだり、山田錦や雄町などの酒米を使用した「酒米おにぎり」で、日本酒文化を東京駅から発信。オリジナルラベルの日本酒や酒器、缶詰などの肴などもそろう。

仕事帰りの一杯にもぴったりな横丁エリアの餃子が最高「東京ギョーザスタンド ウーロン」

「焼き餃子」(480円)、「薬味」(350円)、「ウーロンエール」(450円)※すべて税抜き

中国の天津(てんしん)師とミシュランシェフが研究を重ねた餃子が味わえる。スペイン産イベリコ豚のバラと国産豚肩ロースを使った餃子はとってもジューシー!6種の薬味と一緒に味わうのがおすすめだ。烏龍茶を使用したクラフトビールとのマリアージュを堪能して。

早朝から終電間際まで楽しめる、東京駅すべての飲食シーンに対応!「CITYSHOP 東京駅」

ディナーはNEO居酒屋をコンセプトにした、大胆かつ華やかなメニューを提供。名物の「塩麹唐揚げ パクチーまみれ」(税抜680円)など

色とりどりの野菜がズラリ

ティータイム(11時~21時)には旬のフルーツを使用したカフェメニューが登場

新鮮な野菜がたっぷり食べられるので、野菜が不足しがちな現代人の心強い味方

テイクアウト専門のCITYSHOP KIOSKを北通路側に設置。自宅でもサンドイッチメニューなどが楽しめる

「フラットブレッド」(写真上各380円)、「丸パン」(同下各160円)※すべて税抜き

“いろいろな野菜を、もっとおいしく、もっとデイリーに食べる”をテーマにした、サラダ&デリカテッセン・カフェ&バー。7時からのモーニングではたっぷりの野菜が食べられ、夕方17時からは入り口に暖簾がかかり、“NEO居酒屋”に様変わり。1Fの北通路側にはCITYSHOP KIOSKがあり、サンドイッチなどのテイクアウトも可能だ。

新幹線改札口の目の前!待ち合わせにも便利なトランジットバー「東京パニーノ 〜アロマフレスカ〜」

新幹線の改札前にある「東京パニーノ 〜アロマフレスカ〜」

シックな内観

具材たっぷりの「プチパニーノ」。手前から「モツ」(680円)、「ペペロネ」、「ボロネーズ」ともに580円※すべて税込み

プチパニーノは、サンドした具材の味を存分に楽しめるよう、軽い食感のシュー生地を使用。イタリア直輸入の新鮮なプロセッコとのマリアージュで、新幹線の待ち時間を優雅なひとときに昇華してくれる。

コロンビア産カカオ豆を贅沢にブレンドした「カカオハンターズ」初のリアル店舗「CACAO HUNTERS Plus」

カカオハンター(R)の小方真弓さん

グランスタ東京が初のリアル店舗となった「CACAO HUNTERS Plus」

「オムレット チョコバナナ」(3個入税込1296円)

店内で製造されるフレッシュな「ジェラート」は、プレミアムチョコや珍しいカカオパルプなど種類も豊富

コロンビア産カカオの情報ボードがカウンター前に掲げられている。カカオ豆型のテーブルがかわいい店内

カカオハンター(R)の小方真弓さんとコロンビアのチームが、カカオの栽培からチョコレートの製造を生産地で行う「カカオハンターズ」の初となるリアル店舗。使用するカカオは100種類以上。シーズンごとにカカオのブレンドを変えながら、独自の味や香りを生み出している。

洋菓子の人気店がエキナカに初出店!初の個別販売やソフトクリームにも注目「ガトーフェスタ ハラダ」

広々した店内のガトーフェスタ ハラダ

プチバッグ(税込55円〜)に好きな菓子を入れて、オリジナルアソートが作れるのはグランスタ東京だけ

都内初登場の「ソフトクリーム・デ・ロワ」(税込400円)。ソフトクリームの王様という意味

白とブルーを基調とした、スタイリッシュな店内。定番の「グーテ・デ・ロワ」をはじめ、さまざまなお菓子が1個から購入できる。さらに、好きなお菓子をセレクトして別売りのプチバッグに入れたアソートは、お土産にもぴったり!カフェが併設され、店内でソフトクリームも味わえる。

京都銘菓「おたべ」の美十が東京土産のニュースタンダードを創造「MIYUKA」

額縁を大胆にアレンジしたMIYUKAの店舗

「美結菓 〜生バターとあずきのふわシャリサンド〜」(1枚税込350円)

こだわりの和洋素材を組み合わせたラングドシャ4種が初登場。「おたべ」で使用する小豆と生バターをサンドした絶妙なハーモニーが味わえるのは、グランスタ東京だけ。新・東京土産として注目の一品だ。

混雑状況の確認や予約もアプリと連動!複雑な駅構内もわかりやすいナビゲーションで一目瞭然!

目的地まで見やすくナビゲーションしてくれるので迷うことなくたどり着けるステナビのルート案内画面

今回の開業にあわせて、JR東京駅を中心とする丸の内~八重洲エリアの「Sta.aaS(スタース、Station as a Serviceの略)」を推進するために、スマホアプリ「東京ステーションナビ」通称“東京ステナビ”が、8月3日より本格運用開始。総合企画本部ステーションシティマネジメント室の鎌田洋二さんによると、「検索できる店舗情報は、420店舗以上です」とのこと。横断的にすべての店舗を掲載しているアプリは、東京駅としては初めてだそうだ。

車椅子やベビーカー、そしてスーツケースを持った観光客にも便利なバリアフリー段差解消ルートの表示や、Suicaロッカーの空き情報にも対応しているのは、駅利用者にとって大変ありがたい。新宿駅や渋谷駅よりも複雑とされる東京駅構内の、地下の最深階から地上3階までを、シームレスにナビゲーションしてくれるので、初めて東京駅を利用する人や、最短ルートを見つけたい人にとって頼もしい味方になってくれる。

さらに、グランスタ東京にある30店舗は、行列に並ばず順番待ちできるWEB整理券サービス「VACAN Noline」にも対応。飲食店7店は、店内の空席情報がリアルタイムで確認できる「VACAN」を導入。「東京ステーションナビ」と連携して、アプリ上から店舗ごとの混雑状況を確認したり、人と接触するリスクを避け、行列を作ることなく順番待ちができるようになっている。

混雑状況もひと目でわかる、デジタルサイネージを採用したトイレ

パウダースペースも完備した女子トイレ。中央には水の流れる壁を設置

また、グランスタ東京のトイレは、トイレの扉に取り付けられたセンサーによって空きが確認できる。ここのトイレは水景をテーマにしたラグジュアリーなデザインが特徴。手洗い場には水が流れる壁が設置され、入り口には個室の利用状況がわかるサイネージも取り入れられている。女性トイレには、パウダースペースが9つ完備され、利用者に寄り添った空間となっている。

開業イベントも盛りだくさん!

開業記念として、「MAISON CACAO」など7店舗で記念商品を販売したり、「ガトーフェスタ ハラダ」など約20店舗で先着でプレゼントがもらえるキャンペーンを実施。さらに、税込み3000円以上のレシート(複数合算可)を提示すると先着750名に「グランスタ東京オリジナルランチトート」がプレゼントされる。

また、8月3日と7日(金)の2日間、「スクエア ゼロ」のイベントスペースでグランスタ東京にまつわる人のトークショーが開催される。3日は、近畿大学水産研究所所長 升間主計さん×お笑い芸人 コロコロチキチキペッパーズ(10時30分〜11時)、デザイナー 佐藤卓さん(12時30分〜13時)、TO今日BARプロデューサー 奥田政行さん×カカオハンター(R)小方真弓さん(17時30分〜18時)、7日(金)は、ねぶた師 竹浪比呂央さん(10時〜10時45分)が登壇する。

さらに、8月7日(金)〜9月22日(祝)まで、中止となってしまった「青森ねぶた祭」の思いを引き継ぎ、吊りねぶた「風神雷神」が「スクエア ゼロ」の吹抜空間に登場。

グランスタ東京のロゴをデザインした佐藤卓さん

コロコロチキチキペッパーズの2人がトークショーで近畿大学水産研究所の秘密に迫る。ナダルさんは近畿大学農学部卒業

TO今日BARプロデューサーの奥田政行シェフ

小方真弓さんが奥田シェフと「自然と素材」について語る

“吊りねぶた”風神雷神を作成した、ねぶた師の竹浪比呂央さん

税込3000円以上のお買い上げレシート(複数合算可)でもらえる「グランスタ東京オリジナルランチトート」


誕生してから100年以上経っても進化し続ける東京駅。新たに誕生したグランスタ東京へ、自分なりの楽しみ方を見つけに出かけてみよう。【ウォーカープラス/PR】

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

撮影=阿部昌也
取材・文=北村康行

この記事の画像一覧(全45枚)

キーワード

ページ上部へ戻る