神戸どうぶつ王国でスナネコの親子展示開始!まるで天使の愛らしさにキュン

2020年12月18日 18:12更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

8月と11月にスナネコの兄弟が生まれた神戸どうぶつ王国。すでに公開されている兄に続いて、弟の公開も2020年12月18日(金)より開始される。

まさに天使な愛らしさ


親子そろっての一般公開

兄は人工哺育となったが、弟は母親が子育て中。親子一緒での展示となる。

11月に生まれたスナネコの赤ちゃんと母親のバリー

母親のバリー。2回目の出産は落ち着いた様子だったそう

赤ちゃんの成長はもちろん、バリーの子育ても応援したい


11月6日に生まれた弟は生後1か月半がたち、出生時104g(11月10日計測)だった体重も363g(12月13日計測)に増加。自力で巣箱から出るなど順調に成長している証が見えたことから、この度公開が決定した。

すぐに成長してしまうため、赤ちゃん姿を眺めたい人はお早めに!

ペロリとのぞく舌がキュート


飼育担当者によると初めて展示場に出てきた時も怯えることなく所狭しと動き回り、好奇心旺盛な姿を見せていたそう。先に公開された兄も新しい展示場にまったく物怖じしなかったといい、今のところは兄弟で似ている部分があるようだ。

赤ちゃんだが高いところもへっちゃら

早くもヤンチャな表情をのぞかせる

木の上で元気に爪とぎ

いつまでも降りてこない赤ちゃんが心配になったのか、駆け寄るバリー

母親の心配もなんのその、赤ちゃんにとっては毎日が冒険

木をかじる・展示場を駆け回るなど、とにかく元気いっぱい!


そんな元気いっぱいの赤ちゃんの姿を常に横目で追う母親バリー。今後赤ちゃんは母親とじゃれることで狩りの仕方を学んだり、食べる姿を真似することで食事も母乳から肉へと移行するのだとか。

常に動き回る赤ちゃんから目を離さない、母親バリー

母親の姿や行動から、さまざまなことを学んでいるそう

母親が穴を掘る様子をじっと眺める赤ちゃん

真似して一生懸命穴をほる


見学は館内のコンタクトアニマルズ「スナネコ赤ちゃん展示場」にて行われる。土日祝は予約制となり、1人1枚整理券が必要。1枚の整理券で弟だけでなく、先に公開された兄の見学も可能だ。親子の微笑ましい姿や、「王子」の愛称で親しまれる兄の姿を眺め、その愛らしさに癒されてみては。

自然哺育ならではの自然な姿を観察できる

親子の仲睦まじい姿にキュンが止まらない

現在は性格など兄と似ているが、今後は違いが出てくるかも?

8月に生まれた兄もすくすく成長中。たくさんの人に見られても全く動じない様子は、大物になりそうな予感


※動物の体調により、やむを得ず予告なく内容が変更・中止になる場合がございます。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全20枚)

キーワード

ページ上部へ戻る