グランスタのマスコットガール“ふくらむちゃん”!誕生秘話とグッズを紹介

2017年3月24日 11:30更新

東京ウォーカー(全国版) 山田昌典

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

プラス思考でときどき毒舌、その立場は実は派遣社員という、グランスタ初のマスコットガール「ふくらむちゃん」。東京駅初となる大型の雑貨・コスメゾーンのグランスタ新エリアとグランスタ丸の内のオープンと同時に現れた、かわいくも謎めいたキャラクターはどのようにして誕生したのか?生みの親のぬいぐるみ作家・片岡メリヤスさん(写真左)とグランスタの運営を担当する鉄道会館 販売促進グループ係長の島田綾乃さん(同右)が今回、そのストーリーを赤裸々に教えてくれた。

ぬいぐるみ作家・片岡メリヤスさん(写真左)とグランスタの運営を担当する鉄道会館 販売促進グループ係長の島田綾乃さん(同右)に、ふくらむちゃんの誕生秘話を聞いた!

ぬいぐるみ作家・片岡メリヤスさん(写真左)とグランスタの運営を担当する鉄道会館 販売促進グループ係長の島田綾乃さん(同右)に、ふくらむちゃんの誕生秘話を聞いた!

すべての画像を見る(10件)

みんなに愛される奇跡のキャラクター

島田さんいわく、ふくらむちゃんは当初、2016年7月のグランスタ新エリアとグランスタ丸の内のオープンで、グランスタ全体をPRする案のひとつでしかなかったとのこと。

「どうしてもふくらむちゃんが忘れられなくて。お客さまも同じように感じるのではないかと思ったんです」と語ってくれた島田さん

「どうしてもふくらむちゃんが忘れられなくて。お客さまも同じように感じるのではないかと思ったんです」と語ってくれた島田さん

島田さん「魅力的なアイデアがたくさんありました。その中で無難な案に決まりかかったのですが、私はどうしてもふくらむちゃんが忘れられなくて。なんだか気になってしまうこの気持ちは、東京駅のお客さまも同じように感じるのではないかと思ったんです。気になるふくらむちゃん、ひいては気になるグランスタになればと思い、社内を説得しました。そこからグランスタの各種プロモーションを担当する制作会社サン・アドのみなさんと、具体的な作業を進めていったんです」。

ふくらむちゃんを提案したサン・アドの担当者は、ふくらむちゃん案の正式採用を受け、ある人物に連絡を取る。それが片岡さんだった。もともとスタッフ全員が片岡さんのぬいぐるみ作品を知っており、ぬいぐるみ企画を実施するならばぜひお願いしたいと電話をしたところ、快諾。デザインだけでなく、キャラクター設定も一緒に考えることになった。

片岡さん「担当者の電話の印象がすごく良かったんですよ。絶対にいい人だなって確信してお引き受けしました(笑)」。

もし印象が良くなかったら…そんな冗談はともかく、アイデア、直感、タイミングなどさまざまな条件がぴたりと一致し、片岡さん、島田さん、サン・アドスタッフによって、ふくらむちゃんはめでたく誕生したのである。

「最初のオファーの電話の印象で引き受けることに決めた」と片岡さん。「みなさんと一緒にキャラクター設定も考えることになりました」

「最初のオファーの電話の印象で引き受けることに決めた」と片岡さん。「みなさんと一緒にキャラクター設定も考えることになりました」

ふくらむちゃんのふわふわとした毛並み、何があっても絶やすことのない笑顔。“増床=ふくらむ”というコンセプトから発案されたプラス型の体型には、ヘコんだ人を励ましたり、モノゴトをポジティブにする意味が加えられた。

片岡さん「このカタチにはいろんな意味があって、要素が加わることでふくらむちゃんが生き生きしてくるんですよ。みんなで楽しく考えながらやっていたら、好きの度合いもグンと高まって」。

“増床=ふくらむ”というコンセプトから発案されたプラス型の体型にはさまざまな思いが込められている

“増床=ふくらむ”というコンセプトから発案されたプラス型の体型にはさまざまな思いが込められている

「みんなで楽しく考えながらやっていたら、好きの度合いもグンと高まりました」と片岡さん

「みんなで楽しく考えながらやっていたら、好きの度合いもグンと高まりました」と片岡さん

島田さん「完成したふくらむちゃんを初めて見たときのことはよく覚えてます。写真で見たときはピンとこなかったのですが、実物を見たら“おおお!よくぞ生まれた!”と一気に感情移入してしまいました。命が吹き込まれたような気がしたんです」。

東京駅を訪れる人のみならず、働く人たちにも大人気のふくらむちゃん。グランスタに飾られているふくらむちゃんは、周辺ショップのスタッフが毎朝毛並みを整えたり、話しかけたりしているのだという。思いもしなかった経緯から誕生した、グランスタ初のマスコットガールは、かくも愛されているのだ。

“買えるふくらむちゃん”がついに登場!

冷やしても焼いてもおいしい、日本百貨店とうきょうの「ふくらむちゃんお餅バー」(237円)

冷やしても焼いてもおいしい、日本百貨店とうきょうの「ふくらむちゃんお餅バー」(237円)

アイスキャンデーのような形をしたお餅のおやつは、日本百貨店とうきょうの「ふくらむちゃんお餅バー」(237円)。やわらかくもちもちの食感で、冷やしても焼いてもおいしい。

ダロワイヨの「ふくらむちゃんパン」(270円)は4月上旬発売予定

ダロワイヨの「ふくらむちゃんパン」(270円)は4月上旬発売予定

食パン生地に練乳入りのバタークリームとラムレーズンを入れたダロワイヨの「ふくらむちゃんパン」(270円)は4月上旬発売予定。ふっくらとした見た目もかわいらしい。

シェアードトーキョーの「てぬぐい ふくらむちゃん」(1188円)は見た目のインパクト大

シェアードトーキョーの「てぬぐい ふくらむちゃん」(1188円)は見た目のインパクト大

昔ながらの注染技法を用いて職人が染め上げた、シェアードトーキョーの「てぬぐい ふくらむちゃん」(1188円)。ふくらむちゃんを大胆に配した、デザインのインパクトは絶大。

ふくらむちゃんのゆるいフェイスと豪華な刺身のギャップがおもしろい築地すし好 和の「ふくらむちゃん御膳」(2160円)

ふくらむちゃんのゆるいフェイスと豪華な刺身のギャップがおもしろい築地すし好 和の「ふくらむちゃん御膳」(2160円)

築地で仕入れた新鮮な刺身を引き立てるごはんを、特注したふくらむちゃんの型で提供する築地すし好 和の「ふくらむちゃん御膳」(2160円)。ごはんでかたどられたフェイスのゆるさと、豪華な刺身のギャップは一見の価値あり。

パイル地のフィル ユージーヌ「ふくらむちゃん ウォッシュタオル」(写真右756円)と、「ふくらむちゃん タオルハンカチ」(同左648円)

パイル地のフィル ユージーヌ「ふくらむちゃん ウォッシュタオル」(写真右756円)と、「ふくらむちゃん タオルハンカチ」(同左648円)

今治タオルのフィル ユージーヌは、ふんわり生地の「ふくらむちゃん タオルハンカチ」(写真左648円)と、立体感のあるパイル地の「ふくらむちゃん ウォッシュタオル」(同右756円)で、ふくらむちゃんの魅力を表現。

お客さまはもちろん、ショップからのリクエストにも応え、待望の第1弾商品がめでたく登場したふくらむちゃん。昨年のデビュー以来、着実に存在感を増し、素敵な彼氏ができたとの噂もある彼女同様、なんとグランスタも今夏さらなる増床が予定されている。成長するふくらむちゃんとグランスタ、どちらからも目が離せない!【ウォーカープラス編集部】

この記事の画像一覧(全10枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る