コーヒーで旅する日本/九州編|オフィスコーヒーを柱に約25年。勤め先で飲んだ味からファンになった常連も。山口の自家焙煎店「花あそび」

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

全国的に盛り上がりを見せるコーヒーシーン。飲食店という枠を超え、さまざまなライフスタイルやカルチャーと溶け合っている。
なかでも九州はトップクラスのロースターやバリスタが存在し、コーヒーカルチャーの進化が顕著だ。そんな九州で注目のショップを紹介する当連載。店主や店長たちが気になる店へと数珠つなぎで回を重ねていく。

ブレンド、ストレート合わせて25種程度と豆の種類は多彩

九州編の第87回は山口県山口市、防府市に店がある「花あそび」。店を開いたのは1998(平成10)年で、最初は防府市にある自宅の一角を店として利用する形でこじんまりとスタート。サラリーマンを早期退職した先代の故・佐々木光雄さん、奥さんの弘子さんの2人がセカンドライフの楽しみの一つとして小さなマシンで焙煎を始めたのがきっかけだ。

自宅併設の自家焙煎店を開いた時に使っていた小型の卓上焙煎機

当初、光雄さんは「自分たちが無理なくやれる範囲で、自宅の一角でぼちぼちコーヒーを焼いていこう」ぐらいのスタンスだったそうだが、元来が企業勤めのバリバリの営業マン。コーヒーの販売量が増えるにつれ、お客の期待を裏切らないために焙煎をし続ける日々。数年後に焙煎機を新調するとセールス魂に再び火が付いた。焙煎士として活動する傍ら、山口県各地、さらには九州までオフィスコーヒーの顧客を得るために営業に回る日々を送る。

豆売りは100グラムから。もちろん粉に挽いてもらうこともできる

「花あそび」はそうやって山口におけるオフィスコーヒーのシェアを伸ばしていったそう。一時は会社はもちろん、官公庁からもコーヒーの注文を受けていたという。職場で「花あそび」のコーヒーを飲んだのを機に個人的に店舗に豆を買いに来始めたという常連が多いのも納得の歴史だ。2020年に先代の光雄さんが亡くなり、現在、山口本店は奥さんの弘子さん、防府店は息子の穂高さんが営んでいる。

山口本店で焙煎も担当する佐々木弘子さん

防府店を経営する佐々木穂高さん

Profile|佐々木弘子(ささき・ひろこ)さん、佐々木穂高(ささき・ほだか)さん
弘子さん/山口県・防府市出身。企業勤めだった夫の故・光雄さんが早期退職をしたのを機に一緒に自家焙煎店「花あそび」を始める。光雄さんが健在の時期は接客スタッフ、裏方として店舗に立ち、現在は山口本店の経営に加えて2店舗分の焙煎も担当。
穂高さん/父親の仕事の都合で熊本県・熊本市にて長く過ごす。父親の光雄さんが脱サラして始めた「花あそび」を20歳ごろから手伝い始める。卸先が多岐にわたったため、配達をメインに担当。2019年10月、「花あそび 防府店」を開業。防府店はもともとショッピングモール内にあったが、2023年6月に現在の場所に移転オープン。

営業マン的思考でコーヒーの裾野を広げて

ゲイシャやカップ・オブ・エクセレンスなどプレミアムラインのコーヒーも不定期で登場

「花あそび」をレコメンドしてくれた 木家珈琲倶楽部 の井上さんはもちろん、 香椎参道Nanの木 の芹口さんからも「『花あそび』の先代は本当にパワフルな方でした。生粋の営業マンという感じで、いつも山口、九州を飛び回っているイメージがありましたね」というエピソードを聞いた。「花あそび」という店名から優しいイメージを勝手に抱いていたが、いい意味で違うようだ。

河川敷にぽつんとたたずむ山口本店

山口本店は喫茶スペースを併設している

店は山口大学そばの山口本店、防府店の2店舗があり、本店を先代の奥さんである弘子さん、防府店を息子の穂高さんが切り盛りする。それぞれに経営は違えど、扱うコーヒーの種類はほぼ同じで、販売価格も変わらない。

JR防府駅より徒歩10分ほどの場所にある防府店。豆売りのみ

防府店のみ初めてコーヒーを購入する客向けのお得な3種セットも販売

豆の品書きを見てみると、大きくスペシャルティコーヒーとスタンダードコーヒーに分かれており、スタンダードの方は徳用ブレンド、ブラジル・サントスなどすべて100グラム400円。しかも500グラム購入でさらにそこから2割引という値頃感。原料である生豆の価格が上がっている昨今、個人経営の店舗でこの価格を維持しているのは素直にすごい。スペシャルティコーヒーを見てみても100グラム550円、580円といったリーズナブルなブレンド商品が並ぶ。

山口本店の喫茶メニューのコーヒーは1杯500円。ホットはサイフォンで抽出、アイスは水出し

もちろんスペシャルティコーヒーもボリュームディスカウントを行っており、日々コーヒーをたしなむ常連の多くは500グラム単位で購入していくそうだ。つまり「花あそび」もまた佐賀の いづみや珈琲 、福岡の 自家焙煎珈琲専門店 伽楽 などと同じように地域の暮らしに根付く自家焙煎店ということ。その証拠にコーヒーの種類はスペシャルティ、スタンダード合わせて25種程度とラインナップも多彩。防府店を営む佐々木穂高さんは「これでも以前に比べれば種類を絞っている方ですよ」と笑う。

  1. 1
  2. 2

この記事の画像一覧(全16枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

花火特集

花火特集

全国約800件の花火大会を掲載。2024年の開催日、中止・延期情報や人気ランキングなどをお届け!

花火大会人気ランキング

ページ上部へ戻る