堀田真由が撮影で“漢の中の漢”だと思った俳優「私も気持ちを入れなければと気合いが入りました」

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

日本テレビとHuluによる共同制作ドラマとして2021年1月よりSeason1の放送を開始し、HuluではSeason4まで配信されるなど人気を博した「君と世界が終わる日に」の劇場版が1月26日より公開された。竹内涼真が主演を務める本作で、新キャラクターとして登場する役を演じた堀田真由に、撮影秘話やゾンビサバイバルを描いた作品に出演して感じたこと、さらに今後挑戦してみたい作品などを語ってもらった。

「劇場版 君と世界が終わる日に FINAL」で重要な役を演じた堀田真由撮影=三橋優美子


大きな壁にぶち当たっても決してあきらめない葵を「どこか自分と似ているなと思いながら演じていました」

――2021年の放送開始からドラマシリーズとして人気を博し、待望の劇場版となる本作への出演が決まったときの心境からお聞かせいただけますか。

【堀田真由】劇場版が製作されると知ったときは、まさか自分が新キャラクターとして出演するとは思っていなかったので、オファーをいただいてすごく驚きました。それと同時に、私が演じる葵はこれまでのシリーズには登場していない新キャラなので、「きみセカ」ファンのみなさんに新鮮さを感じていただけたらいいなと思いました。

――本作は、竹内涼真さん演じる主人公の響がワクチンの研究材料として連れ去られた娘ミライを救い出すために奮闘するストーリーになっています。堀田さんが演じた葵は、ユートピアと呼ばれる場所の研究タワーでワクチン開発をしていると噂される謎多き女性ですが、どんな人物だと捉えて演じられたのでしょうか?

【堀田真由】葵は大きな壁にぶち当たっても決してあきらめない強い女性で、私自身も目標に向かって真っ直ぐ突き進むタイプなので、どこか似ているなと思いながら演じていました。菅原伸太郎監督からも「台本を読んで、堀田さんが感じたままに演じてください」と言われていたので、素直に演じることを大事にしていました。

研究タワーでワクチン開発をしていると噂される女性・葵を演じた堀田真由(C) 2024「君と世界が終わる日に」製作委員会

撮影=三橋優美子


――研究タワーのシーンでは、ゴーレムと呼ばれるゾンビや敵から逃げるなどハードな撮影が続いたかと思いますが、現場で印象に残ったエピソードを教えていただけますか。

【堀田真由】まず驚いたのが、セットのスケールの大きさでした。研究タワーのシーンが撮影初日だったんですけど、スタジオの扉を開けた瞬間に想像以上につくり込まれていたので圧倒されたのを覚えています。別の作品でも何度か撮影したことがあるスタジオなのに、初めて訪れたのではないかと錯覚するぐらい新鮮で、しっかりと「きみセカ」の世界観が広がっていたので、それが一番印象に残っています。

撮影に関しては、ミライ役の女の子を抱っこしながら階段を駆け降りるシーンのお芝居がすごく大変だったのですが、リアルな緊張感を持って演じることができたのでよかったです。

「劇場版 君と世界が終わる日に FINAL」場面写真(C) 2024「君と世界が終わる日に」製作委員会


――映画の撮影所の周りは割とのどかだったりするので、別の作品の撮影を見学した際にセットとのギャップに驚いたことがあります。

【堀田真由】そうなんですよね。外は静かで穏やかな風景が広がっているのに、スタジオに入った瞬間に近未来のセットがあったりして、“一体ここはどこなの?”と不思議な感覚になることがあります(笑)。スタジオでの撮影も楽しかったのですが、今回はロケで福島や浜松にも行かせていただいたので、そこもぜひチェックしていただけたらうれしいです。

「劇場版 君と世界が終わる日に FINAL」場面写真(C) 2024「君と世界が終わる日に」製作委員会

撮影=三橋優美子


実はゾンビが苦手!?「ユニバのホラーナイトもゾンビが怖くて行けないんです…」

――主演の竹内涼真さん、葵の幼なじみの大和を演じた高橋文哉さんとの撮影で印象に残ったことをお聞かせいただけますか。

【堀田真由】お二人とも“漢の中の漢”って感じでした。ちなみに“おとこ”の字は“漢”の方です(笑)。竹内さんは言葉で何かアドバイスをするというよりは背中で語る方だったので、カメラが回っていないときの竹内さんの言動、それからテストや本番のお芝居を見て刺激をもらっていました。ストイックに役に集中されていたので、私も同じくらい気持ちを作って演じなければと気合いが入りましたね。

文哉くんは私より年が下なんですけど、引っ張っていってくれる頼もしさもあれば、現場で立ったまま待機していた私の前にサッと椅子を持ってきてくれるような優しさもあって。大和役が文哉くんでよかったなと思いました。

竹内涼真演じる響と高橋文哉演じる大和(C) 2024「君と世界が終わる日に」製作委員会

「劇場版 君と世界が終わる日に FINAL」場面写真(C) 2024「君と世界が終わる日に」製作委員会


――ちなみに、本シリーズ以外でゾンビサバイバルを描いた映画やドラマをご覧になったことはありますか?

【堀田真由】実はゾンビものは苦手でして…(苦笑)。ユニバ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)のホラーナイトもゾンビが怖くて行けないんです。でも、韓国映画の「新感染 ファイナル・エクスプレス」は観たことがあります!

――「新感染 ファイナル・エクスプレス」は日本でも大ヒットしましたし、すごくおもしろい作品ですよね。KTXという韓国の高速鉄道が舞台になっていますが、車内を走って追いかけてくる大量のゾンビは怖くなかったですか?

【堀田真由】確かに、感染が広がって凶暴なゾンビが増え始めたところでいったん“もう無理かもしれない…”と思いました。でも、頑張って観続けていたらだんだんおもしろくなってきて、なんとか最後まで観ることができました(笑)。

ゾンビの何が嫌って、予測不可能な動きをするところで。同じように予測不可能な動きをする鳩ですらも怖くて、近づいてきたら逃げます。そんな私でも「新感染 ファイナル・エクスプレス」は観ることができましたし、本作も心から楽しめたので、ゾンビが苦手な方にも一度チャレンジしてもらいたいです。

撮影=三橋優美子


――現場でゴーレムのメイクをしたエキストラさんたちと遭遇したときはいかがでしたか?

【堀田真由】早朝ロケの日にコンタクトをつけずに現場に入ったことがあって、視界がぼやけていたのでメイク後のゴーレムさん(エキストラの方々)と遭遇しても「おはようございます」と普通に挨拶していたんです。それで、メイクをしてもらったあとにコンタクトをつけて、洗面所で歯磨きをし終わって出ようとしたら女性のゴーレムさんと鉢合わせたんです。その瞬間、怖すぎて「ギャーー!!!」って叫びました(笑)。

――ふとした瞬間にゴーレムのエキストラさんと遭遇したらびっくりしますよね(笑)。

【堀田真由】気を抜いていたので余計に怖かったです。でもその後、休憩場所でゴーレムさんたちが普通にご飯を食べていたので、「今朝は何時入りだったんですか?」とか「メイクはどのぐらい時間がかかるんですか?」とかいろいろと聞いてコミュニケーションを楽しんでいました。あのメイクのまま和やかにお話ししてくださるので、ちょっと不思議な感じでした(笑)。

撮影=三橋優美子


  1. 1
  2. 2

この記事の画像一覧(全17枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

花火特集

花火特集

全国約800件の花火大会を掲載。2024年の開催日、中止・延期情報や人気ランキングなどをお届け!

CHECK!2024年全国で開催予定の花火大会

「おうちで金麦花火特等席セット」が300名に当たる!

夏休み特集2023

夏休み特集 2024

ウォーカー編集部がおすすめする、この夏の楽しみ方を紹介。夏休みイベント&おでかけスポット情報が盛りだくさん!

CHECK!夏祭り 2024の開催情報はこちら

おでかけ特集

今注目のスポットや話題のアクティビティ情報をお届け

アウトドア特集

アウトドア特集

キャンプ場、グランピングからBBQ、アスレチックまで!非日常体験を存分に堪能できるアウトドアスポットを紹介

ページ上部へ戻る