【連載/ウワサの映画 Vol.9】”スーパーヒーロー大集合”の元祖。待望のDCユニバース!

2017年11月17日 7:00更新

東海ウォーカー おおまえ

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

アメコミ界の2大巨頭にして永遠のライバル、DCコミックスとマーベル・コミック。マーベルの「アベンジャーズ」に続き、老舗中の老舗であるDCがようやく腰を上げ、自社のスーパーヒーローたちをスクリーンに集結させました!ずいぶんと待たされましたが、待った甲斐があった…、満を持してのDCEU(DCエクステンデット・ユニバース)の幕開けです。

左からフラッシュ、バットマン、ワンダーウーマン。監督はDC作品でおなじみのザック・スナイダー、脚本は「アベンジャーズ」の監督で、マーベルにサヨナラしたジョス・ウェドンが担当
©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

全ての画像を見る(7件)

映画ではマーベルに先を越されましたが、コミックにおいては、1960年に発表された「ジャスティス・リーグ」こそが”ヒーロー集結もの”の元祖です。「ヒーローが集うとウケるじゃ~ん」とマーベルがパクった感は否めず、やっぱりDCに肩入れしちゃいます。5年前の「アベンジャーズ」公開時に書いた「ジャスティス・リーグと競演する日を待ってます」という個人的念願も募るばかりで、2社のキャラ(この際、誰でもいい!)を同一スクリーンで観ずには死ねない…。コミック上では何度かクロスしてるわけだし、映画も、そろそろ…?

「フラッシュ役のエズラ・ミラーがイチオシ!」その➀。チームのムードメーカーとなるフラッシュ。エネルギー過剰でテンション高すぎの学生です。ミラーの素朴な存在感に癒されます©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」の後日、スーパーマン(ヘンリー・カビル)亡き後の世界を描く今作。宇宙からの侵略者の襲来を察知したバットマン(ベン・アフレック)は、アマゾン族の半神プリンセス・ワンダーウーマン(ガル・ギャドット)と共に”超人スカウト作戦”に乗り出します。地上最速を誇る学生・フラッシュ(エズラ・ミラー)、海の王国・アトランティスの女王と人間とのハーフである海洋生物の王・アクアマン(ジェイソン・モモア)、世界中のPCにアクセスできる半分人間 &半分機械のデジタルデバイス・サイボーグ(レイ・フィッシャー)の3人を迎えチームを結成。3つそろえると絶大な力が手に入るという”マザーボックス”を集め世界征服を狙う、強敵・ステッペンウルフを迎え撃ちます!

「フラッシュ役のエズラ・ミラーがイチオシ!」その⓶。超高速で動く能力と、その能力を応用した驚異的な思考能力も併せ持つフラッシュ。凝った映像でミラーの魅力も倍増!©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

ジャスティス(正義)のために戦う最強のリーグ(仲間たち)の、出会いから結成までがアツすぎます。有名なヒーローの”スカウトマン目線”で、無名のメンツのドラマを深く理解していく設定が効を奏しましたね。スカウトする側も含め、能力や存在を隠して生きる一匹狼の超人たち。彼らが抱える”孤独感や疎外感”という接着剤がチームをガッチリ固めていくさまを、2時間という尺の中でぬかりなく捉え、気付けば全員のファンになっちゃてるから不思議…。

実在の都市から、架空の街ゴッサム・シティや伝説の海中都市・アトランティスまで、時空が壮大に交錯。アクアマン(右)の海中バトルも斬新です©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

見逃せないのが、動揺丸出しでクールなキャラが崩壊しかけているバットマンです。ユーモアもある今作限定と思われるキャラ作りが、暗めなDCワールドにほどよい明るさをもたらしました。自警し、裁きも下すビジランテ活動に半生を捧げてきた彼が、自分の闇から抜け出そうと無理してる姿がちょっとかわいい。スーパーマンが気づかせてくれた”人間のいい部分”を戸惑いながら引き出し、チーム・プレイヤーとして成長していく…。このストーリーテリングも、必然的で巧いですねぇ。今回の同情を誘う演技で、クリスチャン・ベールの威光のとばっちりが気の毒なベン・アフレックの株が上がることを願います。

スーパーマンを失望させたという自責の念もあり、その犠牲に報いようとするブルース・ウェイン(=バットマン)。地球の危機に対し、責任を担う決意を燃やします©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

ハンパない神々しさでワンダーウーマンを演じるガル・ガドットも、もはや主役級の貫録!8月に公開された単品映画も爆発的ヒットを記録し、瞬く間に世界的ミューズになったガル。女もホレる傑出した気高さと美しさで、またもや観客を虜にしちゃいますよ。バットマンには悪いけど、チームがまとまるには、あの優雅な微笑みひとつあれば十分な気さえしてきます…。

大ヒット作「ワンダーウーマン」では第一世界大戦を舞台に戦っていましたが、今作の舞台はその100年後。容姿も戦闘能力も衰えないアマゾン族、恐るべし&うらやましい…©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

ゲイリー・クラーク・ジュニアによるビートルズのカバー「カム・トゥゲザー」による締めも完璧で、より力強く、かっこよく作品が完結します。エンドロール後の”予告”と併せて要チェックです。あと、ネタバレ厳禁につき詳細は書けないので、「バレては困る重要なネタがあります!」とだけ書いておきますね。【東海ウォーカー】

もはや戦車…な、ミサイルやロケットも搭載した最新マシン”ナイトクローラー”など、生身ではキツいバットマンが繰り出す最新ビークルも見もの!©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

【映画ライター/おおまえ】年間200本以上の映画を鑑賞。ジャンル問わず鑑賞するが、駄作にはクソっ!っとポップコーンを投げつける辛口な面も。そんなライターが、良いも悪いも、最新映画をレビューします! 最近のお気に入りは、上記「ジャスティス・リーグ」のエズラ・ミラー!

この記事の画像一覧(全7枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る