SNS映えするイチゴグルメ満載の「イチゴまつり」が初開催!

2018年3月28日 19:00更新

横浜ウォーカー 横浜ウォーカー SJP 中嶋 和宏

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

寒さも和らぎ、おでかけに最適な季節が到来。春休み終盤となる2018年3月31日(土)・4月1日(日)の2日間、「三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド」くじらの噴水前広場で、「イチゴまつり」が開催される!

「イチゴまつり」では、神奈川、東京、千葉県から全11店舗が出店して、イチゴを使ったスイーツや新鮮なイチゴを販売する。さらに、「道の駅 みのりの郷東金」ブースでは、両日10:00から千葉県産イチゴの無料サンプリングも実施。無料サンプリングは1人1粒限りで、両日ともに先着100名までとなるため、早めに会場入りしたい。10:00のイベント開始前に到着した場合でも、施設内「ビアハウスエントランス」に行けば無料サンプリング配布待ちの列に並ぶことができる。

ここでは、「イチゴまつり」に出店する全11店舗の商品を紹介。イチゴがゴロゴロ入った見た目も華やかなものばかりなので、SNSで拡散してみんなに楽しいひとときをシェアしよう!

「パティスリー ヴェルヴェーヌ」のイチゴマカロン、イチゴのピスタチオパフェ

手前は、直径約8cmのパティスリー ヴェルヴェーヌの「イチゴマカロン」(700円)。奥は、高さ約19cmの「イチゴピスタチオパフェ」(1,300円)

手前は、直径約8cmのパティスリー ヴェルヴェーヌの「イチゴマカロン」(700円)。奥は、高さ約19cmの「イチゴピスタチオパフェ」(1,300円)

すべての画像を見る(11件)

食材にこだわり添加物の使用を抑えているため、どれも素材のよさが際立つ! 本イベントでは、ボリューム満点のマカロンやパフェなどが登場する。

「創作菓子アトリ」のとちおとめを使ったオムレットやプリン

【写真を見る】手前は、創作菓子アトリの「とちおとめのオムレット」(450円)。奥は、スチームオーブンでトロトロの食感に仕上げた「とちおとめのとろけるプリン」(450円)

【写真を見る】手前は、創作菓子アトリの「とちおとめのオムレット」(450円)。奥は、スチームオーブンでトロトロの食感に仕上げた「とちおとめのとろけるプリン」(450円)

北海道産の生クリームやコクと甘味が強いブランド卵・那須御養卵など、厳選食材を使った創作スイーツが人気の「創作菓子アトリ」。イベント限定スイーツを取りそろえる。

「パティスリー フェアベール」のイチゴのババロア

とちおとめをトッピングした、パティスリー フェアベールの「イチゴのババロア」(1個500円)。ミルクのコクとイチゴの優しい味わいを楽しめる。食べ終わったらカップを再利用できるのも◎

とちおとめをトッピングした、パティスリー フェアベールの「イチゴのババロア」(1個500円)。ミルクのコクとイチゴの優しい味わいを楽しめる。食べ終わったらカップを再利用できるのも◎

バターの香り豊かなスイートポテト・まるやまポテトが人気のパティスリー。「まるやまポテト イチゴ味」(260円)と「イチゴのババロア」(500円)を楽しめる。

「八百屋コウタのフルーツスタンド」のフレッシュジュース&スムージー

手前は、八百屋コウタのフルーツスタンドの「湘南完熟イチゴのフレッシュジュース」(600円)。奥は「イチゴとバナナのミルキースムージー」(500円)

手前は、八百屋コウタのフルーツスタンドの「湘南完熟イチゴのフレッシュジュース」(600円)。奥は「イチゴとバナナのミルキースムージー」(500円)

平塚市にある青果店が営むフルーツスタンド。厳選食材を使ったフレッシュジュースやスムージーのほか、横浜市にある「ゆめが丘農園」のイチゴや湘南そだち完熟イチゴも販売する。

「杵若(きねわか)」のいちご大福&饅頭

写真左、杵若(きねわか)の「完熟いちご大福」(280円)。写真右は「ストロベリー饅頭 3個入」(600円)

写真左、杵若(きねわか)の「完熟いちご大福」(280円)。写真右は「ストロベリー饅頭 3個入」(600円)

創業1952年、平塚にある和菓子の老舗「杵若(きねわか)」。地元産の農産物を使った和菓子がリピーターを呼んでいる。本イベントでは、「完熟いちご大福」(280円)や「ストロベリー饅頭3個入」(600円)、「ストロベリーモナカ」(200円)を販売する。

「ようせいのいたずら」のふわふわスイーツ

ようせいのいたずらの人気メニュー、「ようせいのおやつinいちご」(1個350円)。人気商品ようせいのおやつに、イチゴを入れてフリーズドライのイチゴをかけたイベント限定商品

ようせいのいたずらの人気メニュー、「ようせいのおやつinいちご」(1個350円)。人気商品ようせいのおやつに、イチゴを入れてフリーズドライのイチゴをかけたイベント限定商品

まるで“ようせい”がいたずらしたかのような、枠にとらわれないお菓子作りがコンセプトの街のケーキ屋。フリーズドライのイチゴを使った、いちご味のメレンゲ菓子(400円)からなども取りそろえる。

「EVERGREEN CAFÉ」のシフォンサンド

EVERGREEN CAFÉの「イチゴシフォンサンド」(500円)。ブランド卵「相こっこ卵」を使い、フワフワとした食感に仕上げたイチゴシフォンに、イチゴと自家製カスタードクリームをサンド

EVERGREEN CAFÉの「イチゴシフォンサンド」(500円)。ブランド卵「相こっこ卵」を使い、フワフワとした食感に仕上げたイチゴシフォンに、イチゴと自家製カスタードクリームをサンド

工房で手作りするシフォンケーキやオリジナルの焙煎豆を使用したエスプレッソが人気のオーストラリアスタイルのオープンカフェ。本イベントでは、地元のブランド卵「相こっこ卵」を使った「イチゴシフォンサンド」(500円)を購入できる。

「パティスリー スワロウテイル」のアニマルスイーツ

パティスリー スワロウテイルの「ウサいちご」(650円)。たっぷりイチゴピューレとフロマージュヨーグルトのティラミス風スイーツ。ウサギの顔はイチゴソース入りホワイトチョコムース

パティスリー スワロウテイルの「ウサいちご」(650円)。たっぷりイチゴピューレとフロマージュヨーグルトのティラミス風スイーツ。ウサギの顔はイチゴソース入りホワイトチョコムース

見た目だけではなく味にもこだわったアニマルスイーツが人気の東京のパティスリー。食べるのがもったいないくらいキュートなスイーツ、ウサいちごが登場。SNS映えすること間違いなし!

「Cafe&Restaurant Blue Moon」のいちごショコラ

写真左は、Cafe&Restaurant Blue Moonのイベント限定スイーツ「いちごショコラ」(カット1個400円、ホール2,800円)。写真右は、「生いちごショコラ」(ホール3,000円)

写真左は、Cafe&Restaurant Blue Moonのイベント限定スイーツ「いちごショコラ」(カット1個400円、ホール2,800円)。写真右は、「生いちごショコラ」(ホール3,000円)

目の前に広がる海を眺めながら、ゆったりとした時間を過ごせるカフェレストラン。フランスの最高級チョコレート2種を使用した濃厚なチョコレートケーキに、横須賀「いちごはうす西脇」のイチゴを合わせた、イベント限定スイーツをそろえる。

「カルペディエム」のいちごロールケーキ

カルペディエムの「いちごロールケーキ」(450円)。新鮮なイチゴと濃厚な生クリームをあわせて、ふわふわの生地で巻き込んだロールケーキ

カルペディエムの「いちごロールケーキ」(450円)。新鮮なイチゴと濃厚な生クリームをあわせて、ふわふわの生地で巻き込んだロールケーキ

新鮮な食材の味わいをいかしたフレンチが人気の一軒。「いちごロールケーキ」(450円)や「いちごミルクフランス」(300円)、「いちごのタルトフィン」(400円)を引っさげ、本イベントに出店する。

「道の駅 みのりの郷東金」の食べ比べセット

道の駅 みのりの郷東金の「東金いちご食べ比べ6種セット」(500円)

道の駅 みのりの郷東金の「東金いちご食べ比べ6種セット」(500円)

地元野菜や特産品の販売、イチゴ狩りも行う千葉県東金市にある道の駅。本イベントでは、「東金いちご食べ比べ6種セット」(500円)、「小川屋味噌店 いちご甘酒」(400円)、「いちご大福」(400円)などを販売。

「イチゴまつり」が行われる3月31日(土)、4月1日(日)は、館内で春のセールも開催中。イチゴスイーツと一緒にショッピングも楽しんで、「三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド」で春休みの思い出をつくろう!

【イベント詳細】<開催場所>三井アウトレットパーク 横浜べイサイド くじらの噴水前広場 <開催日>2018年3月31日(土)・2018年4月1日(日) <電話番号>045-775-4446 <住所>神奈川県横浜市金沢区白帆5-2 <開催時間>10:00~16:00 <駐車場>あり 1200台 西部臨時駐車場は無料、提携立体駐車場と提携駐車場は250円/30分※駐車場サービスあり <交通アクセス>【電車】金沢シーサイドライン鳥浜駅から徒歩5分 【車】首都高速道路湾岸線杉田出入口から国道357号線で約5分

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全11枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る